お役立ちコラム 遺品の処分はどうすれば?罪悪感なく亡くなった両親の物を捨てる方法

作業風景

遺品の処分はどうすれば?罪悪感なく亡くなった両親の物を捨てる方法

大切な方を亡くした悲しみの中、故人が愛用していた品物を手放すことは容易ではないでしょう。故人を大切に思うからこそ「処分するのは忍びない」というご遺族の気持ちは十分に理解できます。しかし、現実問題として遺品のすべてを手元に残しておくというのは難しく、不要な遺品は処分しなくてはなりません。

今回はご遺族が罪悪感を抱くことなく遺品を整理する方法をご紹介いたします。

気持ちを存分に整理し、充実した遺品整理ができるようにお努めいただきたいと思います。

 

遺品の処分

積み上げられた遺品

遺品とは、故人が普段使用していた愛用品や生活用品全般、趣味で集めていたコレクションなどのことを指します。遺品整理とはいわゆる故人が使用していた物の整理のことですが、普段の片付けとは違い故人とご遺族の思いが詰まった品物を整理する繊細な作業です。

遺品処分を始める適切なタイミングですが、故人が持ち家に住んでおり、すぐに室内を空にする必要がない場合は死亡後の手続きが全て完了した後、あるいは四十九日の法要や百日法要、一回忌など親族が集まったときに始めると良いでしょう。いずれのタイミングも親族が家に揃っており、大切な人を亡くした喪失感が払拭されている時期であることが多いためです。 もし賃貸物件や老人ホームなどに故人が住んでいた場合は、退去日までに片付けられるよう早めに遺品の分別、処分を進める必要があります。

故人が遺書を残している場合はその内容に沿って遺品を整理しなければならず、そのうえで、手元に残す物、形見分けする物、処分する物に分別していきます。遺書がない場合も同様に分別が必要です。しかし、廃棄処分に罪悪感を感じたり、処分方法が分からず多種多様な遺品の取り扱いに悩んでいる方は多くいらっしゃると思います。

 

適切な処分方法については後半で詳しく紹介しますが、その前に、心に立ちはだかる「罪悪感」について少しお話しさせていただきます。

 

遺品の処分に罪悪感を感じるとき

手帳に何かを記入する女性

遺品を処分するときに感じる罪悪感はどのような理由で生じるのでしょうか。自身の感情をうまく抑えるためにも、原因を知ることはとても大切です。

 

①思い出深い品物を処分するとき

写真や日記、手紙のように故人を身近に感じる品物は処分しにくいものです。置き場所を取らないため捨てる必要はないと思う方もいらっしゃるでしょう。ただし、何十年分もの大量の日記帳や、害虫被害やカビが発生している場合は処分を検討すべきかもしれません。

写真は家族との集合写真などお気に入りの写真のみを選び、残りは可燃ゴミとして処分しましょう。どうしても処分できない場合は写真店やインターネットのUSBやDVDなどにまとめてもらえるサービスを利用すればコンパクトに保管できます。 また、人形やぬいぐるみなどの安易にゴミとして処分しづらい物は後述する「遺品供養」を行うことで後ろめたい気持ちに陥ることなく整理できます。

 

②仏壇や神棚、遺影などを処分するとき

大きな仏壇などはマンションには置けないなど、暮らしや住居環境の変化は継承の在り方をも大きく変化させました。宗教色の強い遺品は気持ちの面で特に処分しにくいものです。このような場合は、菩提寺に相談をして先祖の魂を抜く閉眼供養をしてもらいます。同様に、神棚も神社に相談をしてから適切な方法で処分すれば問題はありません。

疎遠になっていた故人の遺影を処分したい場合ですが、遺影には宗教的な意味が込められていないため可燃ゴミとして処分をしても問題ありません。フレームやガラスは不燃ゴミとして処分できます。しかし、遺影に開眼供養をした場合は遺影に魂が宿っていると扱われるため閉眼供養が必要となります。仏壇や位牌には開眼供養をしますが、遺影に開眼供養をすることは稀です。開眼供養をした記憶がない場合でも、そのまま処分することに抵抗がある場合は供養をしたほうが罪悪感なく手放せるでしょう。

 

③家族や親族と一緒に形見分けをしなかったとき

生前に亡くなられた方や親族と一緒に形見分けをしなかった場合、自分の判断で処分してしまうことで罪悪感を感じることがあります。

罪悪感を覚えないためにも遺品整理は勝手な判断で進めず、できるだけ家族や親族が一同に会して行うことが望ましいでしょう。故人との思い出を振り返りながら遺品の形見分けを行えば気持ちも整理しやすく、後々トラブルに発展する心配もありません。不用品はその後に処分するという手順さえしっかり踏んでおけば、遺品整理がしやすくなります。

 

④遺品整理を不用品回収のように感じている

遺品整理で罪悪感を感じる一番の原因は、遺品整理をゴミの処分のように捉えていることです。特に、美術品のような価値が分からないけれども故人が大切にしていた収集品や愛用していた楽器などの思い出の品も含め、形見分けをした後の遺品は不用品として処分するため、どうしてもそのように考えてしまいがちです。しかし、遺品整理の専門業者に作業や回収を依頼すると、資源として再利用できるものは買取をしてもらえたり、それ以外は要望に沿ってお焚き上げなどの供養を行ってから処分してくれたりと遺族の気持ちを最大限に汲み取って適切に対応してくれます。そのため、ゴミや不用品のように無暗に廃棄されることはありません。

 

自分が何に対して罪悪感を感じているかをしっかりと把握できてさえいれば、それぞれに適した対応をとることによって心の負担を大幅に軽減することができます。

 

罪悪感を感じる方へ贈る4つのアドバイス

手を握って「大丈夫」と支えてあげる人

物理的に必要な物と不要な物を区別することはできても、罪悪感に区切りをつけることはなかなか難しいかもしれません。そこで、まずは遺品整理を始めるにあたってご遺族様が直面するであろう罪悪感を断ち切るためのアドバイスをさせていただきます。

 

①故人が望んでいることを考えてみる

「故人が大切にしていたものを捨てるのはなんだか悪い気がする」というのは、「故人の気持ち」を優先している場合に当てはまること。ということは、故人の気持ち、つまり「故人がなにを望んでいるか」を考える必要があります。

例えば親御さんが亡くなった場合、残された子供の幸せな人生を一番に望むのではないでしょうか。おそらく、自分が残した物に囲まれていつまでも思い出に浸って生きてほしいとは思わないでしょう。親であれば子供に自分の人生をしっかりと前を向いて歩んでほしいと望むはずです。

 

②エンディングノートに従って作業する

「故人が望んでいることを考えてみる」と先述しましたが、きちんと遺品整理に対する意思を確認したことがなく、「自分の一存で片付けていいのか判断できない」といったような思いが作業の手を鈍らせることも考えられます。そのような場合には遺品の中からエンディングノートを探してみるのがおすすめです。

エンディングノートには故人自身が意思や希望を書き記すため、それに従って作業するのは故人の要望を叶えることにつながります。

 

③遺品は最終的には誰かが処分するものだと考える

もしあなたが親の遺品を大切に残していても、あなたのご家族があなたの遺品整理を行う際に一緒に処分するかもしれません。仮にあなたの孫や曾孫の世代まで残されたとしても、その先、あなたの思いはおろか、あなたの存在をよく知らない子孫の誰かがいつか必ず処分することになります。

確かに手元に残しておきたい遺品はあるとは思いますが、その方のことを鮮明に記憶しており思い出を共有してきた人の手で適切に処分することこそが本当の意味で供養になるのではないでしょうか。

 

④「いつか使うかもしれない」と考えるものは処分する

遺品の多くは使う機会が年に一度だけなど、なくても困るものではないというケースがほとんどです。「いつか」は来ないと考えておくのが無難です。

 

専門業者に遺品整理を依頼する場合

積み上げられた品物

遺品整理は「自分で行う」か「専門業者に依頼する」という二つの方法があります。

業者に依頼するメリットはなんといっても充実した遺品整理を行える点に尽きます。滞りなく整理が進み、整理する品物や相続などに関する相談にも的確なアドバイスをしてくれるので、効率良く遺品整理を行う手段として遺品整理業者へ依頼する利用者が急激に増加しています。

業者に遺品整理を依頼した場合、以下の流れのように作業が行われます。

 

①遺品の供養を手配してもらえる

合同供養に対応している遺品整理業者に依頼すれば、大量の物を分別する肉体的な負担や精神的な負担を負うことなく遺品を処分できます。 遺品を処分することに抵抗を感じる理由の一つに「故人の愛用品をゴミとして処分するのは忍びない」と感じる心理が挙げられますが、単に処分するのではなく「供養を経て物品の中の魂を抜き取ってから処分した」と理解することによって、整理・処分作業を行う罪悪感を軽減できます。

 

②遺品の処分がスムーズに進む

遺品には亡くなられた方との思い出や使用していた形跡が残されているため、ご自身で一点ずつ処分しようとすると思うように手が進まず、なかなか整理が進まない場合があります。遺品に思い入れがない場合でも、亡くなられた方が収集されていたコレクションの価値をご自身だけで一点ずつ調べ、売却する作業は非常に手間がかかります。遺品整理業者の力を借りることで必要な遺品と不要な遺品の区別を客観的に判断してもらえるだけでなく、買取査定サービスを展開している業者であれば遺品整理を進めながら不用品を買い取ってもらえるため、遺品整理を滞りなく進められます。

 

③形見分けなどの遺品の整理、各種手続きを代行してくれる

親御さんを亡くした場合、「自分は長男だから」「私が介護をしていた」などの理由で親族が勝手に遺品の整理を始めてしまうことも少なくありません。遺品の形見分けは利害関係や私情が絡み、遺品整理において非常に苦労する作業の一つです。さらに、役所や保険などの各種手続きや法的な知識を有する相続に関する手続きなども並行して行わなければならず、故人を悼みながら行う遺品整理は精神面・体力面ともに非常に負担がかかる作業となります。しかし、遺品整理業者に依頼すれば的確なアドバイスと速やかな作業によって負担が大幅に軽減されるため、気持ちの整理に集中でき、充実した遺品整理を行うことができます。

 

④遺品の買取に対応している

ほとんどの業者が遺品の種類や量を問わず、再利用を目的に遺品の買取に応じています。故人が大切にしていた品物を必要とする方に使ってもらえれば故人の思いを無下にすることなく、ご遺族にとっても心置きなく整理ができます。また、買取によって遺品整理にかかる費用を抑えることができ、ご遺族の精神面・金銭面の負担軽減にもつながります。

 

⑤精神的な支えになる

身近な方を亡くして精神的に不安定な状態のまま、ご自身の抱える罪悪感や焦り、後悔などと向き合いながら的確に保管・処分の判断を下し、整理作業を進めていくことは大変困難です。そのため、専門家である遺品整理業者がこちらの意図・要望を汲んで作業方法を提案し、サポートしてくれるのは精神的・肉体的に強い支えになるはずです。

 

自分で遺品整理を進める場合

父と母からキスをされる幼女

依頼したのが遺品整理の専門業者ではない場合や、作業がずさんな業者に依頼した場合、遺品の中に紛れ込んだ現金や貴金属などの貴重品が誤って貴重品ごと処分されてしまう恐れがあります。

そうした事態を防ぐために業者選びの際は専門技術を体得し、作業ノウハウを確立している業者かどうかをきちんと見極める必要があるだけではなく、時間・人手に余裕がある場合はご自身で遺品を整理するのも有効な選択肢です

ただし、全ての工程をご自身だけで行う必要はなく、希少品の捜索・事前の仕分け・定期購読などの月額サービスの停止作業などできる範囲のことを自力で行うだけでも十分で、対処が難しい、面倒な箇所は業者に任せるなど柔軟に対応できるメリットがあります。

 

遺品整理を自分で行う手順を大まかに分けると以下の通りになります。

 

①整理に必要な物を揃える

遺品整理中はホコリが舞いやすいので、汚れても良い服を着用します。また大量の物を細かく仕分けるので段ボールやガムテープ、カッター、ハサミも遺品整理前に用意しておきましょう。

 

②遺品を処分する物、手元に残す物に分別する

まずは遺品の中から貴重品や個人情報が記録されている物を探し、誤って処分してしまわないように分別します。そして残りの遺品を形見にする物、再利用する物、ゴミとして処分する物に大きく分けます。

遺言書がある場合は遺言書に従って形見分けや遺品の整理を行いましょう。

 

③処分する遺品をさらに分別する

処分する遺品をリサイクルやゴミとして処分します。なるべくリサイクル資源として処分に出すことで費用を抑えられるだけでなく、ゴミの排出量を削減でき環境保護にも貢献できます。

思い入れがあり一般ゴミとして処分できないものは供養をしてもらいましょう。

 

形見分けをした後、誰も引き取り手がない遺品を処分する際には後ろめたい気持ちが心の隅に引っかかるかもしれません。そういう場合は処分は最終手段と考えて、遺品を活かす方法を選択してみてはいかがでしょうか。

 

・別の物にリメイクする

着物や家具などはそのまま引き継いでも使用する機会がないかもしれませんが、着物はカバンや雑貨類に、家具は素材を活かして新たな品物に作り変えれば、故人との良い思い出を身近に感じることができます。

 

・売却する

リサイクルショップやインターネットオークションなどで売却する方法もあります。特にブランド品のバッグや衣類、着物などは専門店で正確に査定してもらえば高値が付きやすくなります。最近では出張買取や宅配に対応しているところも多く、以前と比べて利用しやすくなりました。

ご遺族の中には遺品の売却に難色を示す方もいらっしゃるかもしれません。しかし、遺品整理はもとより様々な手続きや法事など金銭面の負担が大きくかかるのが現実です。ご遺族でよく話し合ってから決めましょう。

 

・リサイクル・寄付に出す

リサイクル・寄付することで、国内外を問わず必要としている方に使ってもらえると思えば、単に廃棄処分するよりも精神的に穏やかな気持ちで整理を進められます。自然災害の多い日本では使用可能な衣類の寄付を多くの団体が受け付けており、数が多く処分に困る書籍類は図書館・学校などの施設やNPO法人・支援団体に寄付するなど、品物に合わせて新しい活躍の場を与えてあげれば、その品を愛用していた故人も安心するはずです。

 

まとめ

故人と過ごした記憶が蘇る遺品や、故人が生前に愛用していた遺品はどうしても処分することに罪悪感を覚えてしまいます。故人との思い出を振り返るために遺品を数点手元に残しておくことは大切ですが、この世にいない事実を受け止めて不要な遺品を処分することも避けられません。なるべく罪悪感を感じることなく遺品を処分できるよう、合同供養を手配してもらえる遺品整理業者も存在します。供養だけでなくリメイクや寄付なども活用し、故人とゆかりのある品物を悔いなく処分できる遺品整理を行っていただければと思います。

以下の記事ではご自身で遺品整理を行うコツについて詳しくご紹介しています。遺品一つひとつにじっくりと向き合える整理を行うための参考にしていただければ幸いです。

『遺品整理を自分で!5つのやり方のコツをおさえれば業者いらず?』

 

遺品整理プログレスはこちら

遺品整理プログレス公式SNS

遺品整理プログレス公式SNSヘッダー画像

遺品整理プログレスはSNSも配信中。
遺品整理に関する情報を日々発信しております。

遺品整理プログレスは
全国対応

24時間365日 即日対応可能 日時指定も
もちろんOK

現状対応できない地域も一部ございます。
詳しくはお問い合わせください。

業界最安値保証-明朗会計-お見積もりは無料でこちらをクリック