お役立ちコラム 終活は40代から!身軽なうちに老後を見据えれば独身でも安心!

作業風景

終活は40代から!身軽なうちに老後を見据えれば独身でも安心!

終活という言葉が多く聞かれるようになった現代、40代のうちに準備するほうがいいといわれていますが、具体的に何をすればいいのかはイマイチ分かりませんよね。そんな40代の方のために終活でやるべきことについて、さらにパートナーがいる人といない人で違う点も併せて解説していきたいと思います。

 

40代から終活すべき理由とそのメリット

疑問に思う男性

終活というのは、簡単にいってしまえば終わりを迎えるための準備のことです。エンディングノートを書くことや、身辺整理・断捨離といったことが思い浮かぶ人は多いと思いますが、それだけではありません。終活は、過去を一度振り返って整理し、未来を明るく照らすためのものでもあります。将来を前向きにとらえる行為ということです。いつかやりたいと思っていたことや、将来のために今始めるべきことが明確になり、これからの人生をより有意義に過ごすためのきっかけになるのです。40代といえば、まだまだ働き盛りの世代。終活を自分事として考えるには早いと思うかもしれませんが、実は40代から始めるにはメリットも多いのです。

 

メリット1:老後の不安が少なくなる

「いざというときは誰に頼るのか」「施設に入りたいのか」「施設に入るとしたら費用はどれくらい用意しておく必要があるのか」「病気や怪我をしたときの保険などの手続きは」「痴呆症になってしまった場合はどうするのか」など、老後には様々な選択や決断が必要になってきます。これらをそのときになって考えても、判断力が低下していたり、経済的な理由などで選択肢が無くなってしまっている可能性もあります。判断力がしっかりしている40代のうちにある程度決めておくことで、老後の不安はかなり軽減されます。

メリット2:人生設計の軌道修正ができる

平均寿命が長い日本においても、人は事故や病気で早くに亡くなってしまうことがあります。40代という早いうちから終活を始めることで、ずっとやろうと思っていて後回しにしてきたことや、夢半ばで諦めていたことなどを改めて始めるきっかけにもなります。また、子供の自立や親の介護、自身の結婚・離婚などの節目の際に都度見直しを行い、自分にとっての優先順位や大切なものを再認識し、人生設計の軌道修正をすることができます。

体力があるので整理・断捨離がはかどる

身辺整理や断捨離を行うには体力・気力・判断力が必要になります。粗大ゴミを運んだり、必要なものと不用なものを仕分けたりする作業は老後に行うとなると大変ですが、40代であればまだまだ体力の衰えも少なく、スムーズに行うことができるでしょう。

それでは、次の章から40代の終活で取り組むべき事柄について具体的に見ていきましょう。

 

エンディングノートを書く

開いたノートとペン

エンディングノートとは自分の人生の終え方と、老後やいざというときに必要となる情報をまとめて記しておくためのものです。法的効力はありませんが、書いておくともしものときに残された家族を助けてくれるでしょう。決まった形式はないので、普通のノートや手紙に書いても大丈夫です。エンディングノートに書くのは下記のような内容です。

 
・不動産や証券などの所有財産の情報

・銀行やクレジットカードの情報

・保険、ローンなどの情報

・PCやスマートフォンの情報や保存データ

・SNSのアカウント情報やパスワードなど

・登録サイトのID、パスワードなど

・葬儀やお墓の希望

・親族や友人の連絡先

・自分の人生の振り返り

・残された人へのメッセージ

 
これらはほんの一例です。エンディングノートは書いておいたほうが良いことが多いために、全てを書ききれない人のほうが圧倒的に多いようです。真っ白な紙に書くことが難しい人は、市販のもので自分の書きやすいエンディングノートを探してみることをおすすめします。書き留めておきたい事柄が整理できたら、まずは書けるところからしたためていきましょう。

自分史として人生の振り返りを書いておくと、今後の人生設計を見直して、さらなる意欲が湧く良いきっかけにもなりますし、病気になったときに読むと楽しかった記憶が蘇り、元気をもらえることもあるようです。
また、身近な人や友人・知人に普段言えない思いを書くことで、改めて自分の本当の気持ちに気が付くこともあります。気持ちを整理するとても良い機会です。受け取った家族の顔を思い浮かべて書くと筆が乗りやすくなるのではないでしょうか。

 

エンディングノートの注意点

エンディングノートを書く際に気を付けていただきたい注意点が二つあります。

①ID、パスワード情報が漏れないよう気を付ける
②エンディングノートの存在、保管場所を家族に伝える

金融機関の口座番号やパスワードなどの重要な情報を記載している場合、紛失や盗難には十分に注意しましょう。
また、せっかくエンディングノートを用意していても、遺族がその存在を知らず、見つけてもらえなければ意味がありません。必ず保管場所を伝えておきましょう。

エンディングノートは一度書いたら終わりではありません。自身を取り巻く環境や人間関係、自分の価値観や優先順位は変わっていくものなので定期的に見直し、書き足したり、内容を変えたりと更新していくのが望ましいです。例えば、毎年自分の誕生日や元日などの節目に見返してみるのがおすすめです。

 

断捨離・身辺整理をする

段ボールを積む女性

断捨離は比較的体力のある40代に行っておくことで、今後どのような暮らしをしていくか、改めて将来的な計画を立てることができますし、自分の死後には遺族が遺品整理をする際の負担を軽減することもできます。

 

①不用品の処分

必要なものと不要なものを分け、不用品を処分しましょう。リサイクルや人に譲るのも良いかもしれません。少しでも迷ったら思い切って捨てることも不用品を減らすためのコツです。できるだけ不要な物をなくして最低限の持ち物での生活に今のうちに慣れておくことが大切なので、将来の快適な暮らしのためにまずはできることから始めてみてください。そして、気を付けていても不用品は溜まってくるものと受け入れて、衣替えや大掃除の際などに断捨離を繰り返し行うようにしましょう。

 

②財産を明確にする

使ってない銀行口座やクレジットカードを解約し、投資信託などの資産はまとめておくようにしましょう。また、投資している不動産や貸し借りしている金銭、ローンなどの負債の有無、資産価値のある骨董品や貴金属の有無も併せて確認しておきましょう。

 

③データを整理する

最近では大抵のものはデータ化できるようになってきました。しかし、本人以外にそれを扱えないことが多いため、整理し、まとめておくことが大事です。

家族に遺しておきたい写真や動画はCDやDVDにまとめておき、家族にその存在を伝えましょう。また、遺影写真をスマホから探す家族が増えてきているようなので、見た人を傷つけてしまうような写真やメールは徹底して隠せるよう別に保存するか消去しておきましょう。そのときに一緒に遺影用の写真も自分で選んでおくと遺族の負担を軽減できます。さらに、登録しているアプリなどの解約方法も忘れずにまとめておきましょう。

 

両親と一緒に終活をする

両親と会話する

自分の終活を機に、終活世代の両親と一緒に話し合ってみてはいかがでしょうか。中にはそのような話は縁起が悪いと、話題にあげることができない人がいるかもしれません。しかし前述しているように、終活は死後のためだけでなく、今の私たちが今後より良い生活を送るために行うものでもあります。まずは今までの人生の振り返りを一緒に話してみると良いかもしれません。それをきっかけに終活を進めてみてください。

 

①一緒にエンディングノートを書く

40代といえば自分よりも親のことのほうが気にかかる年代だと思います。親と一緒にエンディングノートを書くことで、より自分のことも想像しやすくなり、将来を考えるきっかけにもなります。一緒に話をしながら書き綴るので互いの内容も理解できますし、普段では触れにくかったこともエンディングノートがきっかけで聞きやすくなるでしょう。

 

②お葬式やお墓について

先に聞いておきたいのは、お葬式やお墓をどうするかだと思います。できるだけ本人の希望を叶えてあげたい事柄ですから、聞けるときにできれば確認しておきましょう。

お葬式は少数で家族葬を行うのか、友人や知人にも見送ってもらうために一般的なお葬式にするのか、形態をどうしたいかなどを話し合いましょう。誰を呼び、誰に連絡をするべきなのか、また、相談に乗ってくれそうな人も併せて聞いておくと安心できます。

お墓は今あるお墓を使うのか、墓じまいを検討するのか、それによってお墓にかかる資金についても考えることができます。また、お墓の管理方法は生活拠点を考える上でも非常に重要な意味を持つため、管理者についても早めに話し合っておくことが大切です。

 

③実家の整理・相続について

実家に住み続けるのか売却するのかを決めておくことで、今後のライフプランと資金計画を同時に考えることができます。まずは家族でよく話し合うことが大切です。

 

おひとりさまの終活はどうするべき?

考える女性

最近では結婚しない人が増えていますが、既婚者でも伴侶に先立たれた結果孤独死する人も増えているようです。今後さらなる増加が予想されるため、今からしっかりと準備しておくことが必要です。

 

①人間関係の再構築について考える

まずは、人間関係を今一度見直してみましょう。頼れる人がいるといないとではやるべきことが変わります。頼れる人がいる場合は、その人にきちんと相談しておくと良いでしょう。もしも頼れる人がいなければ、下記のような生前契約を検討してみてください。

 

・死後事務委任業務:本人の死亡後、葬儀などの事務処理を行ってくれる

・生前事務委任業務:生活のサポートや入院や施設などの入居の際に、身元保証人になってくれる

・任意後見業務:認知症などにより、判断能力が劣ってきた場合に、あらかじめ契約した範囲で、本人に代わり法律行為を行ってくれる

 

どのようなサービスがあるのかを今のうちに調べておき、万が一の場合に備えて準備しておくことが大事です。また、自分の死後に不要になった家財の処分方法や遺品の譲渡、ペットの引き取り手なども同様に考えておかなければなりません。

 

②入院や介護が必要になったときのことを考える

突然の病気や事故で介護などが必要になることや、判断能力が欠如した場合を考慮する必要があります。そのようなときは、身元を保証してくれる第三者やサービスの利用を検討しましょう。また同時に、医療保険や生命保険の見直しをすることも大切です。

 

③資産を見直す

資産の見直しは定期的に行いましょう。まずは老後にいくらお金が必要になるのかを計算してみてください。そして自分が何歳頃まで働けるのか、どのくらい収入が得られるのかなども計算し、おおよその金額を把握しておきましょう。その上で、預貯金だけでなく、所有する不動産や株式、信託などの投資、家財道具や貴金属などの売却可能なものなども全て書き出してどれほどの資産になるか明らかにしておきましょう。資産が明確になれば、今後のために貯蓄・資産形成をしておきましょう。そして、不必要だと思うかもしれませんが、遺言書の作成をしておくことをおすすめします。

 

④老後のことを考えておく

生活支援や介護施設の制度を調べたり、地域支援サービスを事前に確認しましょう。また、近所の人とコミュニケーションを図り、役所の福祉課などに一人暮らしであることを伝えておくと、もしものときに助けてもらえるかもしれません。まずはどのような制度があるのかを調べてみることから始めてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

40代での終活は、親や子供のための終活だけでなく、自分のためでもあります。まずは前向きに気持ちを切り替えて、できることから始めてみてはいかがでしょうか。また、独身だからこその終活の必要性もお分かりいいただけたと思います。何事も準備をしっかりとしておくに越したことはありません。

当コラムで皆様の疑問が少しでも解消され、終活に興味を持っていただけたら幸いです。

遺品整理プログレスはこちら

業界最安値保証-明朗会計-お見積もりは無料でこちらをクリック