お役立ちコラム 安心して任せられる優良な遺品整理業者の見つけ方!ポイントを解説!

作業風景

安心して任せられる優良な遺品整理業者の見つけ方!ポイントを解説!

遺品整理を行う目的は、実用面では「部屋をきれいに片付ける」「相続に関わる遺産を把握する」ということです。しかし、実のところ大切なのは、思い出の詰まった遺品を整理することで、遺族が故人を亡くした悲しみや寂しさに折り合いをつけて心を整理することかもしれません。だからこそ、遺品整理を業者に任せるのであれば安心・信頼できる優良なところにお願いしたいですよね。
本コラムでは遺品整理業者の選び方や依頼できることをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

遺品整理を専門業者に依頼する人が増えている

作業着を着た若い男女

遺品整理ではすべきことが多岐にわたります。故人が使用していた日用品、衣類、家具などの片付け・処分をはじめ、電気、水道、家賃、携帯電話、その他の契約解除の手続きや所有する証券、不動産、ローンなどの遺産を把握しなければいけません。しかし、故人と遺族が同居しておらず、親戚もそれぞれ遠方に住んでいるなどの理由から遺品整理を自分たちで全て行うのが難しいという人が多くなっています。そうした背景もあり、遺品整理を専門に行う業者が年々増加してサービス内容も充実し、利用する人が増えているのです。

 

遺品整理業者に頼めること

遺品を分別する人

荷物を片付ける、処分する、運び出すといった観点から見ると不用品回収業者や引越し業者とも作業内容は似ている部分も多いといえます。しかし、遺品整理は先ほども述べたように片付けや処分だけに留まりません。何より遺品を扱うという部分でより丁寧な作業が必要不可欠です。
遺品整理業者によっても引き受けてもらえるサービス内容に多少の差はありますが、例としてご紹介いたします。

多くの遺品整理業者が行っている主なサービス

・遺品の分別作業
あらかじめ必要なものと不要なものを伝えておくことで分別してくれます。また専門家としての目線から残したほうが良いと感じるものについては確認やアドバイスをしてくれます。

・不用品の回収・処分
不用品をまとめて回収・処分、リサイクルが必要なものも適切に対応してくれます。

・貴重品、重要書類などの探索
所在不明の貴重品や重要書類などを探してくれます。

・不要な遺品の買取
不要な遺品でも再利用可能なものは買取してくれます。

・ハウスクリーニング
遺品を整理した後に本格的な清掃を希望する場合は、ハウスクリーニングにも対応してくれます。

一部の遺品整理業者が扱っているサービス

・消臭
・消毒
・リフォーム
・不動産仲介、買取
・解体作業
・特殊清掃

など

 

優良な遺品整理業者の見つけ方

パソコンで業者のホームページを見る人

数ある遺品整理業者の中から優良かつ自分の要望に合う業者を選ぶための5つのポイントをご紹介します。

許可や届出などの資格の有無

事業として遺品整理を行う上で必須の許可や届出があります。この許可や届出を所有するか、持っていなくても所有する業者に委託することが不可欠です。ホームページ上に所有する資格を記載している業者もありますが、載っていない場合には問い合わせ時に確認しましょう。

・一般廃棄物収集運搬業許可
不用品・廃棄物を処分するのに必要

・古物商許可
遺品の買取を行う場合に必要

・一般貨物自動車運送事業許可または貨物軽自動車運送事業経営届出書
有料で荷物の配送・運搬を行う際に必要

豊富な知識を有している

遺品整理を頼むなら知識があり対応力が高い人に任せたいのが心情ですが、初対面でそれを見極めるのは困難です。そのようなときに参考になるのが遺品整理士の資格の有無です。遺品整理業務を行う上で必須の資格ではありませんが、遺品整理についての知識・技術、心得について講習を受け認められた者が所有しています。一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している民間資格ではありますが、遺品整理に必要な知識を会得しているかの目安になるでしょう。

事前の打ち合わせ・説明などの対応が丁寧

電話対応や訪問見積もり時、打ち合わせでの担当者の対応が「親切・丁寧か」「疑問や不安な点に誠実に答えてくれるか」「料金について詳細な説明があるか」「身だしなみはきちんとしているか」などをよく確認しましょう。
ホームページ上に代表者やスタッフの顔写真、コメントがあればそれを見て参考にするのも良いでしょう。

実績や口コミを確認する

遺品整理業者のホームページを確認すれば実績を掲載しているところがあります。依頼内容ごとにいくつかの実績が載っている場合、自身の要望と近いものがあれば参考になります。また実際にサービスを受けた人の口コミが多いほど、多くの人から選ばれているといえますし、口コミの内容を確認すればその業者の良かった点や悪かった点が具体的に分かります。

訪問見積もり・相見積もりが可能

遺品整理にかかる費用は「広さ(範囲)」や「荷物の量」などによって変わってきます。そのため費用をある程度正確に把握するためには現場を見た上で見積もりを作成してもらうことを推奨します。また、業者ごとに基本料金やオプション料金が違うため、他社と比較ができるよう相見積もりを依頼しましょう。もし訪問見積もりや相見積もりを嫌がる業者があれば、詳細をお客様に伝えられない理由(高すぎる料金設定・違法な行為など)がある可能性があり、信頼性に欠けると判断できるでしょう。

 

遺品整理を業者に頼むメリットとデメリット

メリットとデメリットを記したメモと美しい植物

メリット

・効率良く短時間で済む
持ち主が居ない状態で片付けを行うのは想像以上に大変なものです。預貯金や生命保険、有価証券、契約書などの重要書類の保管場所が分からない状況では捜索しながら遺品整理を進めなければならず、遺産を把握するのも困難です。遺産か不用品かの判断も難しく、そもそも遺品の量が極端に多い場合もあります。
故人が賃貸住宅で暮らしていた場合は退去期限があり、時間をかけて遺品整理ができないこともあるでしょう。

これらの問題は業者に依頼すると解消できます。遺品整理の専門家に任せることで効率良く作業が進み、整理にかかる時間も大幅に短くなります。

・依頼者の負担が少ない
故人の使用していたものを片付けるのは遺族にとって精神的負担が大きいものです。遺品を残すか処分するか決めるときには判断力や決断力も必要です。遺品整理を通じて故人様との思い出と向き合い、気持ちを整理できるという良さもありますが、それが辛くてなかなか進まないという人は業者に任せるのが良いでしょう。
また多くの荷物を整理、分別し運び出すなどの作業は思いの外、体力が必要です。年齢的・体力的な問題で遺品整理の作業が身体的に厳しい場合にも業者に依頼するのがおすすめです。

・他の作業を併せて頼める場合も
状況によって遺品整理と共に解体工事や特殊清掃などの作業が必要になるケースもあります。そうした場合に遺品整理と一緒にそれらのサービスをオプションとして依頼できる業者も存在します。複数の業者に依頼するよりも作業効率が良く、料金が割安で済むこともあります。

デメリット

・費用がかかる
自分たちで遺品整理を全て行った場合は掃除道具などの購入費や粗大ゴミの処分費用、交通費程度で済むかもしれません。しかし、専門業者に依頼すれば遺品の量や作業範囲(広さ)などによっても異なりますが、それなりに費用はかかります。

・悪質な業者に引っかかる可能性も
残念なことに業者の中には悪質なところも紛れているのが現状です。「初期見積もりは安かったのに作業後に莫大な追加料金を請求された」「回収した遺品を不法投棄された」「貴重品を盗難された」などのトラブルも実際に起こっています。こうしたトラブルに巻き込まれる可能性もあるのでしっかりと優良な業者を見極めることが大切です。

 

業者に頼むときの節約術

必要なもの、不用なものを分ける

・ある程度の荷物の仕分けをしておく
迷うことなく「処分するもの・保管しておくもの」と判断できるものはあらかじめ仕分けしておくと専門業者に頼む量が減るので、その分費用を節約することができます。

・数社の見積もりを比較する
少なくとも3社以上の見積もりを取り、サービス内容と料金を比較検討しましょう。

 

まとめ

やはり安心して任せられるのは「親切丁寧な対応」「明朗な料金設定」「遺品整理に精通している」業者だといえます。ご紹介した優良な業者を見極めるポイントを参考にし、自身の要望に沿ったサービスを提供してくれる業者を探してみてください。

遺品整理プログレスはこちら

遺品整理プログレス公式SNS

遺品整理プログレス公式SNSヘッダー画像

遺品整理プログレスはSNSも配信中。
遺品整理に関する情報を日々発信しております。

業界最安値保証-明朗会計-お見積もりは無料でこちらをクリック