故人の遺品整理、処分、生前整理は遺品整理プログレス

お役立ちコラム 遺品整理業者の評判ってどうなの?優良業者の見分け方を大公開!

作業風景

遺品整理業者の評判ってどうなの?優良業者の見分け方を大公開!

遺品整理業者を探す場合にまず直面するのが「どこに依頼するべきか」という問題です。業者によって提供するサービスの特徴が異なるため要望に沿った整理作業をしてくれる業者を見極めることが大切ですが、実際に業者のホームページを見てもサービスや料金に大きな差はなく、何を基準に業者を選択すればいいのか分からない方もきっと多いはずです。そこで業者選定の際に大いに参考にしたいのが、実際に利用した方の感想や口コミなどの評判です。業者のホームページや口コミサイトには利用者の声が掲載されているケースが多く、評判の良い業者かどうかの判断材料になります。もちろん信憑性があるか否かという必要最低限の見極めは必要です。そこで、優良な遺品整理業者を見極める際のポイントをまとめましたので、ぜひ業者選びのご参考にしてください。

 

評判(口コミ)やランキングは信用できるのか?

白いシャツの男性と顧客満足度

安心して依頼できる業者かどうかを判断する際には、業者の評判(口コミ)が参考になります。しかし、「利用者の声をそのまま鵜呑みにして信用できない」と疑う方も多いのではないかと思いますので、まずは遺品整理業者の評判(口コミ)を調べる際の注意点について説明しておきます。

 

①評判(口コミ)を確認するときに気をつけたいこと

遺品整理業者を選ぶうえで、その業者の評判(口コミ)は確認しておいたほうが無難です。業者の自社サイトに掲載されている評判はもちろんですが、その他の口コミサイトも必ず参考にするようにしてください。ただし、記載されているサイトによっては信頼性に乏しいものもあるため注意が必要です。例えば、「くらしのマーケット」や「エキテン」などに書かれている評判は利用者のコメントとして信憑性は高まりますが、中には本当に利用した人の意見や感想なのか判断しにくいサイトもあるため、疑念が生じる場合はある程度の参考までに押しとどめておくようにしておいてください。

 

②遺品整理業者のランキングはあてになるのか?

口コミサイトと同じようにランキングサイトもよく目にすると思いますが、そこに表示されている遺品整理業者の順位は正直あてになりません。サイトの運営者側の都合の良い順位になっているものが多く、そのほとんどが集客のための宣伝が目的のため信憑性に欠けています。しかし、中には利用者の意見が反映されているサイトも存在しますので、信用できると自己判断できれば参考にしても問題はないと思います。

 

業者がお客様の声を掲載する理由

良いか悪いかの質問

一般的に遺品整理業者に作業を依頼する機会はほとんどの人にとって皆無に近く、実際に費用がいくらかかり、どのような作業をするのかなど分からないことが非常に多いため、依頼に不安を覚えるのは当然です。そこで各業者のホームページにはサービス内容や作業の手順、費用について説明がされていますが、業者側から一方的に情報やメリットを宣伝されると「過剰に良く見せているのではないか」という疑念が生じます。そこで、同じ利用者が体験したサービスや業者の対応について率直に感想を述べていれば問い合わせをする後押しになりますし、利用した人の評価が存在することに対して安心感を得られます。もちろん利用者の声が真実をそのまま語っているとは限りませんが、良かった面や満足できなかった面など利用者の視点からリアルに業者を評価しているため一定の信憑性があり、業者を選択する際の判断基準になりやすいのです。

一方で業者にとっても利用者の声を掲載することで「信頼性」をアピールできるというメリットがあります。利用者の声を掲載するということはアンケートを取っている証になり、サービスの改善につなげようと努力をしている企業であると依頼を検討している人たちから認識されて好感度が上がります。また、業者には都合の悪い意見や感想も包み隠さず掲載することで多くの人から信頼を得ることができます。

双方にとってフェアな取り引きを行うためにも「利用者の声」は非常に重要な意味を持っているのです。

 

”サクラ”レビューに注意!

両手を交差させてNGを表す作業着の男性

最近、大手通販サイトなどで問題視されているのがサクラレビューです。実際には購入していないにも関わらず、商品の販売業者が購入者を装って高評価を書き込み商品を購入させようとする行為です。偽客(=サクラ)を使ってまで自社の製品やサービスを良く見せようとするのはあまりにも不誠実です。利用者にとっては本当に利用した人の声なのかどうかの見極めが難しいですが、先述したように、「あまり良くなかった」「もっと丁寧に遺品を扱ってほしかった」というような業者にデメリットとなる利用者の具体的な感想や意見が同列に論じられている場合は信用に値する業者であるという判断がしやすくなります。良い評価と悪い評価を読み比べながら自分で判断できることこそ、信頼できる情報だと言えるでしょう。

 

遺品整理業者への依頼は本当に必要なのか?

青空と手紙の束

遺品整理を始める前には「業者に頼まなくても家族で整理を行えばいい」と思う方がほとんどだと思います。

ひと昔前までは遺品整理は他人ではなく家族が行うのが当然のことでしたが、”超高齢化”や”少子化”など社会構造や生活様式の変遷とともにその考え方が大きく変わりました。老後の親と同居する家族は減少した一方で、仕事が多忙でまとめて休みが取れず帰省もままならないような方が増加しました。また、昔に比べて他人のプライベートには干渉しないようになっているため家族の事情を周りに話せない、頼めないという人も多く、遺品整理業者に任せる方が増えています。

遺品整理とは家具や家電製品などの不用になった品物を整理するだけではなく、家や土地、行政や各種契約解除の手続き、相続や税金などに関する手続きまで実に多種多様な整理を要します。現在ではスマ―トフォンやパソコンなどに保管されているデジタル遺品の整理も不可欠です。遺品整理は故人が大切にしていた品物を整理するのと同時に、遺族が気持ちを整理する大切な時間でもあります。そのため、遺品をないがしろに扱うのではなく心を込めて故人を偲びながら進めることが望ましいですが、想像以上に時間と労力、そして費用が大きくかかる作業なのです。遺品整理業者に任せられるところだけでも依頼を検討するのは、悔いのない充実した整理を行うためにも最善の手段だと言えるのではないでしょうか。

 

①遺品整理業者の主なサービス

遺族に代わって遺品整理業者が遺品の仕分けや整理をし、不用な品物を回収・買取します。遺族の要望に沿って遺品の供養を行っている業者も多く、故人を偲びながら遺族が心の整理に集中できるように整理作業全般をサポートしています。突然のことで気持ちの整理がつかない、遺品の量が多く自分ではどうすることもできないという方は充実した整理を行うためにも利用をおすすめします。

 

②遺品整理を依頼するメリット

故人と離れて住んでいて遺品整理まで手が回らないという方や、故人の部屋をすぐに引き渡さないといけないという場合にも安心して整理作業を進めてもらえます。高齢により自分で遺品を整理するのが難しい場合でも遺族の代わりに遺品を丁寧に整理してもらえるので安心です。

 

③遺品整理を依頼するデメリット

専門の遺品整理業者に依頼するため費用が発生すること、他人(業者)に任せることに対して遺族間で考えにすれ違いが生じてトラブルになる可能性もあります。また、近年は遺品整理業者の増加に伴い悪徳業者も横行しており、依頼する際にはしっかりと見極めたうえで一社に選ぶ必要があります。このコラムをしっかりとお読みいただき、信頼のおける業者をパートナーに迎えてください。

 

遺品整理業者の選び方

手帳とペンとPointの文字

遺品整理業者は数多く存在しますが、残念ながら無許可営業の業者もいるようです。信頼できる業者を選ぶためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか?上記の”評判(口コミ)”と併せて選定する際の参考にしてみてください。

 

①見積もりが明確で、価格が適正である

遺品整理業者に依頼するときは、見積もり内容を必ず確認しましょう。

見積金額があまりにも安い場合は、作業後に追加請求されるリスクが潜んでいます。料金の内訳が不明瞭で詳細説明をしてくれない業者は信用できません。安価な業者は遺品整理の専門業者ではなく不用品回収の延長で遺品整理を請け負っており、遺品を不当に扱われるようなことも考えられます。価格だけに惑わされないようにくれぐれも注意してください。

 

②遺品整理士が在籍している

遺品整理士とは、一般社団法人「遺品整理士認定協会」が認定する資格です。遺品に接する際の心構えや、廃棄物処理に関する法令等を勉強して取得できる資格ですので、有資格者が在籍している遺品整理業者であれば遺品を適切に取り扱ってくれるという安心感が得られます。遺品整理に関する幅広い知識を有しているため、遺族の要望に沿ってサポートしてもらえます。

 

③どのような状況にも対応している

遺品整理では法の知識を要する手続きや土地の整理、また孤独死やゴミ屋敷など個々の事情に合わせて整理する必要に駆られます。そのため多岐にわたって対応している遺品整理業者でなければ、それぞれの業務を個別に依頼しなくてはならなくなり、時間や費用などの負担が大幅に膨れ上がります。提携業者や清掃工場などと連携をして遺品整理に関する業務すべてを請け負っている業者に依頼すると、整理作業は円滑に進みます。

 

④葬儀屋・不動産屋からの紹介は慎重に

大切な方が急に亡くなった場合、葬儀会社や賃貸住宅の不動産屋から遺品整理業者を紹介されることがあります。この場合は仲介料を上乗せした費用を請求されるケースがあるため、紹介とは言え料金の内訳や詳細を必ず確認し、作業内容の説明に納得してから依頼するようにしましょう。また、遺族の要望に沿った整理をしてくれるかどうかも業者を選定するうえで非常に重要なことなので、サービス対応の範囲なども併せて吟味するようにしてください。

 

まとめ

遺品整理はあなたの大切な故人のため、そしてご自身の気持ちを整理するために行うものです。遺品整理を有意義な時間にするためには、信頼のおける遺品整理業者に依頼をすることが何よりも大切です。今回は信憑性のある評判(口コミ)の見分け方や優良な業者の特徴など、業者を選定するうえで重要なポイントを紹介させていただきました。ぜひ参考にして、要望通りの遺品整理を実現してくれる業者を見つけてくださいね。

業界最安値保証-明朗会計-お見積りは無料でこちらをクリック