お役立ちコラム 遺品整理屋さんに依頼するメリットは?業者選びのポイントを紹介!

作業風景

遺品整理屋さんに依頼するメリットは?業者選びのポイントを紹介!

遺品整理作業は膨大な量の品物を整理したり、保険・不動産関連の手続きを各機関で行う必要があるなど、ご自身とご親族だけで進めるには大変な場合もあります。

その場合には遺品整理屋に依頼するのがおすすめです。

 

遺品整理屋に依頼すべき状況とは?

遺品

「遺品整理屋」というのは企業の借金につけ込んだ詐欺の手口や、それを行う組織を指す「整理屋」とは全く意味が違い、一般的に遺品整理業者と呼ばれている遺品の片付けを専門に活動している業者と同じ意味です。専門家が遺品整理に必要な全ての作業を代行してくれます。しかし、遺品整理を単なる規模の大きい片付け作業である、と捉えている方にとっては、わざわざ専門業者に依頼する理由が分からないと考えられるかもしれません。
 
そこで、まずは遺品整理作業を整理屋に依頼すべきシチュエーションをご紹介します。
 

品物の量が多い場合

遺品整理の対象になるのは故人様の持ち物全てです。故人様が使っていたお部屋丸ごと、一人暮らしをされていた場合には家一軒分の持ち物全てと不動産としての家の処分など、品種も対応も異なる様々な品の仕分けと処分が求められます。業者に依頼すればそれらを全て任せられます。
 

退去を急がなければいけない場合

故人様が賃貸物件にお住まいだった場合、遺品整理を進めている間にも家賃を支払う必要があったり、退去前には原状回復を行うために清掃業者を呼ばなければならないなどの金銭的な事情に加え、遠方から来ている親族が帰ってしまう前に相続の話し合いを済ませなければならないといったような事情で、退去とそれに伴う整理作業を急がなければならない状況であっても、業者に依頼すればスムーズに片付けが進められます。

 

遺品整理屋に依頼できる作業

遺品整理作業

整理屋に遺品整理作業を依頼すれば、その業者のサービス範囲内であらゆる作業を請け負ってくれます。
 
遺品整理作業は遺品を形見分け・処分品に分ける仕分け作業だけを指す言葉ではありません。「遺品」は品物だけではなく、権利やデジタル遺品と呼ばれるパソコンやスマホ内のデータのような目に見えないものまで、故人様の持ち物全てを整理する作業です。整理が終わった後にも自治体の取り決め通りに分別して処分、保険会社への書類提出や警察署への免許返納など、仕分けが終わった後にもそれぞれの品を適切に処理する作業が求められます。

それらの作業全てをこちらの意向に合わせて適切に行ってくれるうえ、必要な場合は住む人がいなくなり不要になった住宅をたたむための不動産関連の手続き代行や、受け継いだ仏壇の清掃やリフォームなど、こちらの事情に合わせて作業を行ってくれます。また、専門家であるスタッフに意見を仰げるのも何かと決断と行動を迫られる整理作業において心強い要素です。

 

遺品整理屋に依頼するメリット

メリットの文字

ここまでは遺品整理屋が行ってくれる作業について解説してきましたが、続いては整理屋に依頼する具体的なメリットについて解説します。
 

丁寧に整理してくれる

遺品は大切な人が残していった品です。それらを眺めることで思い出を振り返ることも、故人様への立派な供養になります。そのため、整理作業を単なるゴミと必要な品の仕分け作業としてではなく、立ち会いの方に確認を取りながら丁寧に対応してくれる業者は故人と依頼主の両方に敬意を払って誠実に対応してくれていることが分かります。また、一品ずつ丁寧に整理してもらえば、ご依頼主様も知らない場所に収納されていた貴重品や手続きに必要な権利書なども発見されやすくなります。
 

相続関連の相談ができる

遺品整理作業の後には、相続に関する手続き・話し合いを行う必要があります。しかし、相続関連の相談はなかなかスムーズには進まないものです。これは公平性を巡って争うような典型的なものだけではなく、親族同士の仲が悪く相談自体が成り立たない場合など、様々な困り事が発生する可能性が考えられます。それらの解決のため、遺品整理業者は過去の事例を基にしたアドバイスの実施や、必要な場合は弁護士の紹介など、専門的知識を活かしてサポートしてくれます。

 

遺品整理屋に依頼するデメリット

遺品整理に困る人

遺品整理屋に依頼するのはメリットばかりではなく、当然ながらデメリットもあります。
 

依頼料金がかかる

専門家に仕事を依頼する以上は仕方のないことではありますが、遺品整理屋に依頼すればある程度の出費は覚悟しておく必要があります。特に故人が使っていたテレビや冷蔵庫などの家電類を回収してもらうと処分費だけで料金が跳ね上がることもあるため、金額ばかりに気を取られて先述したようなメリットが薄れてしまい「なぜ不用品を片付けてもらうだけでこんな価格に?」と不満に感じてしまう方もいるようです。
 

業者とのトラブルに巻き込まれる可能性がある

いわゆる悪徳業者に依頼してしまうと「事前に聞いていた見積額に高額の追加料金が上乗せされた」などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。そうした業者に依頼しないために複数の業者から相見積もりを取って比較する必要がありますが、遺品整理作業は対応に急を要するケースも多いため、そう悠長なことを言っていられないのも確かです。
 
では、信頼できる業者はどうやって選べばいいのでしょうか?

 

遺品整理を依頼する業者の選び方

業者による遺品整理

遺品整理は品物の整理を通して故人様に思いを馳せる供養の場です。そんな大切な作業を適切かつ丁寧にサポートしてくれる業者を選ぶためには、どこに注目すればいいのでしょうか。
 

見積書が分かりやすい

見積書に社名や電話番号などの基本情報、作業内容とそれにかかる料金の内訳などの必要事項が項目ごとに分かりやすく記載されているかを確認し、疑問点があれば余さずスタッフに質問して納得のいく回答を得ていれば、依頼後の料金面のトラブルを心配せずに安心して依頼できます。加えて「追加料金は発生しない」とホームぺージに明確に記載されていればなお安心です。
 

スタッフが丁寧

丁寧な対応をしてくれるスタッフがいるというのは、遺品を大切に扱ってくれるという物理的なサポートの意味だけではなく、きちんとこちらの話を聞いて対応してくれる精神的なサポートの意味合いもあります。遺品整理を依頼する際には分からない事柄を質問したり、対応してほしい作業を伝えたりとコミュニケーションが重要になるため、親身になって対応してくれるスタッフがいる業者には安心して依頼できます。
 

回収品の再利用を徹底している

仕分けの結果、不要な品は処分することになりますが、大切な方の愛用品を廃棄処分に出すのは気が引けると感じる方もいらっしゃるかもしれません。そのような方は回収品の再利用・再販ルートを確立し、廃棄処分を極力減らしている業者に依頼するのがおすすめです。大切な方の残した品に再び活躍の機会を与えられることだけではなく、業者側の不法投棄や条例違反など、回収品の無責任な処分によって責任を負わされる心配もなく、二つの意味で安心して依頼できます。

 

まとめ

遺品整理屋に依頼するメリットは専門知識によって正確に整理作業を進めてもらえることと、相続関係の面倒かつ複雑な作業を依頼できることにあります。また、業者を選ぶ際には、金銭面が心配であれば見積書を、不法投棄や故人の品を捨てることが気がかりなら再利用を徹底している業者かどうかを確認するなど、ご自身が依頼する際に重視したいことや懸念点を踏まえて確認するポイントを探すのがおすすめです。

遺品整理プログレスはこちら

業界最安値保証-明朗会計-お見積もりは無料でこちらをクリック