お役立ちコラム 遺品を含む家財の片付けにかかる費用は?処分はどこに依頼する?

作業風景

遺品を含む家財の片付けにかかる費用は?処分はどこに依頼する?

「遺品や家財の整理をしたいけどなかなか手がつけられない」
「両親が住んでいた家を整理して売りたいけど、何をしたらいいのか分からない」
このような悩みをお持ちの方は、実は非常に多くいらっしゃいます。
遺品を含む家財の片付けは、分別や廃棄に非常に手間がかかります。
大きな家具などが残されていると運ぶだけでも重労働で、一人で運び出そうとすると転倒などの危険もあります。
 
そのようなときは不用品回収業者や遺品整理業者に依頼すると、早く楽に作業を終えることができます。でもどのくらいの費用がかかるのか、どような業者に依頼したらいいのか気になるのではないでしょうか。
当コラムでは、家財の片付けにかかる費用から安心できる業者を選ぶコツまで全てまとめてご紹介します。

 

家財の片付けにかかる費用は?

大量の家財道具

遺品整理を含む家財の片付けは、部屋の広さ、遺品を含む家財の量、現場の状況によって変わってきます。
業者によっては3万円~と手頃な価格で対応してくれる場合もあります。
ですが、部屋の広さが同じでも遺品整理が完了している状況と、ゴミ屋敷のような状況では値段も対応方法も大きく異なります。メールや電話、ホームページから依頼すれば無料で見積もりをとってくれる業者もありますので、一度現場を確認してもらい正確に見積もりをとってから依頼することをおすすめします。

 

家財の片付け費用を抑える方法は?

COSTの積み木と電卓

「片付けたいけど費用が気になる」「少しでも費用を抑えたい」そう考えられる方も多いはずです。
どうしたら費用を抑えることができるのか解説します。
 

自分で片付けを行っておく

家財の片付けに関する費用は不用品の量や、廃棄物の量によっても変わってきます。事前にご自身で処分できるものは処分しておくと業者に見積もり依頼をした際に費用を抑えることができます。
各自治体で粗大ゴミとして大型家具や寝具などを数百円から引き取ってくれるサービスが提供されています。ご自身で移動させる手間はありますが、費用を安く済ませることができる場合もあるでしょう。
また最も時間を要する、不要なものと必要なものの仕分けを事前に済ませておくと「ここにあるものは全て処分してほしい」と伝えることができ、作業時間も短く時間と費用の削減にも繋がります。
 

複数の業者に相見積もりを取る

複数の業者に相見積もりを取ることのメリットは、最も安い業者を選択できるだけではありません。1社だけに見積もりを取り依頼をすると、相場と大きくかけ離れた金額を提示されていることに気付くことができず法外な金額を支払う危険性があります。逆に相場よりも明らかに安すぎる価格を提示する業者にも注意が必要です。最初は安い価格で対応できるように見せかけておいて、作業後に高額請求をする手口かもしれません。
費用を抑える目的だけではなく、騙されないためにも複数の業者に相見積もりを取ることをおすすめします。

 

不用品の処分はどこに依頼する?

はてなマークとひらめきのブロック

遺品を含む家財の片付けで発生した大量の不用品は、不用品回収業者に依頼し自宅や指定の場所で引き取ってもらうことができます。
不用品回収業者とは、依頼をすれば有料で自宅や指定の場所まで不用品を引き取りに来てくれる専門業者のことです。
分別から処分まで全てまとめて対応してくれる業者もあり、ご自身で不用品と必要なものの分別をする時間がない場合や、体力に不安のある方にとっては利用すると非常に便利です。

 

家財の片付けを業者に依頼するメリット

メリットとポインター

家財の片付けを業者に依頼するメリットは、体力的にも精神的にも負担がかからず、短い時間で片付けが完了できることです。
 

・全てまとめて依頼できる

多くの業者は遺品や家財の仕分けから対応してくれます。つまりご自身で処分するものと残しておくものを仕分けることさえ行う必要がないのです。もちろん業者が仕分けを行う際は、処分するものに関しては依頼主に確認しながら作業を進めてくれます。
遺品を含む家財の片付けで最も時間を要するのは、この仕分け作業です。
故人が愛用したもの全てを残しておきたい気持ちから、なかなか処分できず時間ばかりが経過してしまうという方も少なくありません。
そんなときにプロの目線でアドバイスをくれる業者に相談できるのは大きなメリットです。
 
また、片付けだけでなく、空き家となった家の不動産売却やリフォームまでまとめて依頼できる業者もあります。
複数の業者に連絡を取る煩わしさもなく非常に便利です。
 

・遺品の買取査定を受けることもできお得に利用できる

業者に依頼すると不用品回収だけでなく、遺品の中から出てきた骨董品やコレクション、その他「こんなものにも値段が付くの?」と思うものまでまとめて買取してくれることもあります。
不用品回収費用から買取金額分を差し引いてくれますので、結果的に費用を抑えることができ、お得に利用できます。
ご自身で買取なんてできないだろうと判断する前に、業者に相談してみることをおすすめします。
 

・精神的負担の軽減

大切な故人の遺品を整理・処分することは精神的に非常に辛い作業になる場合があります。故人を思い出して作業が進まないことも多々あります。
持ち主のいなくなった品物を処分するかどうか決めることだけでも辛く、難しい作業になるでしょう。そんな状況の中で、経験や知識の豊富なプロの業者に頼ることができるというのは、精神的負担の軽減に繋がります。

 

安心できる業者を選ぶコツ

胸に手をあてる作業服の男性

業者に依頼するメリットはあるものの、業者の中には悪質な業者も多く存在しています。悪質業者に騙されてしまっては大切な遺品を守り、精神的負担を軽減することもできません。安心できる業者を選ぶコツを詳しくご紹介しますので、ポイントを抑えて選択するようにしましょう。
 

顧客対応の丁寧な業者を選択する

顧客対応が丁寧なことは当たり前のことだと思いがちですが、実はそんなことはありません。ホームページにはスタッフが親切丁寧に対応しますと記載がされていても、実際に話をしてみると質問に明確に答えられなかったり、はぐらかされるような曖昧な対応をとられたりすることもあります。更に見積もりに来たスタッフの対応が横柄で、身だしなみがきちんとしていないこともあるかもしれません。
大切な遺品を含む家財の整理を行うわけですから「このスタッフに任せたい」と感じられるようなスタッフが在籍している業者を選択しましょう。
優良な業者であればスタッフの教育にも力を入れているはずです。
 

遺品整理士が在籍しているか確認する

業者の中には「遺品整理士」の資格を持ったスタッフが在籍している場合があります。遺品整理士とは民間資格ではありますが、遺品整理の知識だけではなく、依頼主の心に寄り添い心を込めて品物を取り扱うことのできる者に与えられる資格です。
円滑に作業を進められるだけではなく、故人を大切に思っている依頼主と同じ思いを持って作業を進めてくれる人がいるということも重要なポイントです。
 

明朗会計で見積書が提示できる業者を選択する

業者との料金トラブルは最も避けたい問題ではないでしょうか。トラブルにならないためにも、どこにいくら料金がかかっているのかを明確に書面で提示してくれる業者を選択しましょう。
概算のみの提示や、口頭でしか提示してくれない業者に依頼するのはやめておきましょう。
書面で提示された場合は、現場にて追加料金が発生する可能性があるかどうかを確認しておくこともポイントになります。

 

まとめ

遺品を含む家財の整理にかかる費用は、部屋の広さ、遺品を含む家財の量、現場の状況によって変わってきます。業者によっては3万円~と手軽な料金で対応してくれるところもあります。不用品回収業者には遺品を含む家財の片付けを仕分けからサポートしてくれる業者もあり、丸ごとお任せすることも可能です。
費用や作業内容を十分に考慮した上で適切な業者を選び、プロのアドバイスを受けながら上手く整理していきましょう。

遺品整理プログレスはこちら

遺品整理プログレス公式SNS

遺品整理プログレス公式SNSヘッダー画像

遺品整理プログレスはSNSも配信中。
遺品整理に関する情報を日々発信しております。

業界最安値保証-明朗会計-お見積もりは無料でこちらをクリック