故人の遺品整理、処分、生前整理は遺品整理プログレス

お役立ちコラム 亡くなった人の部屋の片付けはどうする?家族か業者どっちがいい?

作業風景

亡くなった人の部屋の片付けはどうする?家族か業者どっちがいい?

家族が亡くなってしまった場合、遺品整理はご家族が中心となって行うことがほとんどです。

けれどもご家族やご友人の都合が合わず、一人で整理を行わざるを得なくなった場合は遺品整理業者の利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

遺品の分別、搬出、処分を一度にまとめて行ってくれる遺品整理業者ですが、家族でも友人でもない他者の手によって遺品を持ち去られることに抵抗がある人もいらっしゃるかもしれません。

今回は遺品を家族で片付けるメリット、遺品整理業者に依頼するメリットをまとめてみましたので、ぜひ整理方法を決める参考にしていただければと思います。

 

家族で遺品を整理するメリットとは?

古いタンスと着物

ご家族で遺品整理を行うことで、お部屋が片付いて綺麗になるだけでなく、喪失感で混乱している心を整理して精神を落ち着かせることができます。

遺品を手放すことで亡くなられた方との思い出にお別れをすることができ、新しい人生を始める区切りをつけてくれるのです。

そしてご家族で遺品を整理することで、片付けの費用を最小限に抑えることができます。

遺品には雑貨だけでなく家具や家電も含まれますので、物によっては処分費用、配送費などを支払う必要があります。それでも作業費や手数料を支払って遺品整理業者を利用するよりも、安い費用で遺品を片付けることができます。

残すべき遺品と不要な遺品を熟知している家族が行うことで、誤って大切なものを捨ててしまうトラブルを回避できることもメリットの一つです。

 

家族で行う遺品整理の流れ

タンスに収納された衣類

遺品の整理は複数の部屋を同時に行うよりも、一つの部屋を集中的に片付けたほうが捗ります。

まずはタンスや引き出しに収納している物を全て取り出し、大事な書類や貴重品などが残っていないか確認してください。特にタンスの奥は現金が保管されていることが多く、誤って処分してしまう事例が多いため必ずチェックするようにしましょう。

中身を全部取り出したら、ご家族で残す物、処分する物を分別していきます。

遺品の仕分けが完了した後に不要な物を処分していきましょう。自治体による戸別回収を利用してもかまいませんし、大量に出てしまった場合はゴミ処理場へ持ち込むと良いでしょう。

 

遺品整理業者を利用するメリットとは?

見積もりをする男性

人手が足りず片付けがなかなか進まない場合や、亡くなられた方の部屋が賃貸物件のため退居する期限が近づいている場合は遺品整理業者に依頼すると良いでしょう。

遺品整理士が在籍している業者であれば、単に遺品を素早く回収してくれるだけでなく、大切な人を亡くした遺族に寄り添いながら作業の遺品の片付けを手伝ってくれます。

必要であればお部屋の特殊清掃を行ってくれたり、仏壇や神棚など、処分する前に供養が必要になる遺品も遺品整理業者が代行処分をしてくれます。

 

業者に依頼した遺品整理の流れ

青い紙と見積書

遺品整理業者を利用する場合は、実績が豊富な業者であるかを確認することが大切です。

悪質な遺品業者が遺品を雑に持ち去り、最終的には高い処分費用を支払ったにもかかわらず不法投棄されてしまうトラブルも発生しています。

そのため、直感でいいなと思った業者にいきなり依頼をするのではなく、地元から近い業者を2、3社選び、相見積もりを行うようにしてください。見積もりを断る業者は契約後に高額な追加料金を請求してくる可能性がありますので、依頼しないほうが賢明です。

優良な遺品整理業者は作業員が現場まで訪問し、遺品の数やお部屋の状態を確認したあとで見積書を制作してくれます。

見積書も業者によっては曖昧な料金を記載して提示してくる場合があります。どのような作業でいくらの費用を請求しているのか、分からない点があれば必ず質問して確認するようにしてください。

作業内容を明確にして、自分達でもできる作業があれば利用を断り料金を値下げしてもらうなど、交渉次第では必要最低限の料金に絞ることもできます。

見積書に納得ができたら本契約となり、作業日の日時を決める手続きに移ります。業者によっては即日に整理に移ってくれる場合もあります。

作業当日は作業員より処分しても良い物か確認をしながらの分別作業が行われますので、大切な物を誤って処分されないよう、必ず現場には依頼者が立ち会うようにしましょう。

 

業者に依頼する際の判断ポイント

顎に手を当てて考える男女

ご家族で片付ける方法と遺品整理業者に片付けてもらう方法をご紹介いたしましたが、それぞれ異なるメリットを持っているため、どちらがご自身の状況に相応しいか分からない方もいらっしゃると思います。

そこで、ご自身の状況から遺品整理業者を利用するか否かを判断できるポイントをまとめてみました。

 

片付けの進捗具合で決める

ご家族で遺品整理をしているものの、一向に片付く様子が見えないのであれば遺品整理業者の利用を検討してみましょう。

マンションの一室でも押し入れやロフトなど収納スペースが作られていることがほとんどのため、想像よりも大量の遺品が収納されている場合があります。

さらに同じビンでも色別や大きさによって仕分けをしなければならないなど、ゴミの細かい分別を指導している自治体もあり、処分が思うように進まないことがあるのです。

 

自宅からの距離で決める

遺品整理をする現場がご自身のお住まいよりも離れている場合、交通費の合計金額と業者の利用料金を比較して安い方を選ぶと良いでしょう。

何度もお住まいと実家を行き来して交通費を積み重ねるより、一回の帰省でまとめて遺品を片付けたほうが経済的です。

さらに短期間で遺品の整理を終わらせることができるため、遠い距離を往復する体の負担も軽減することができます。

信頼できる業者を利用するのであれば、作業中に一度も立ち会わずに遺品整理を委託することも可能です。

 

遺品整理に費やせる時間で決める

遺品整理が滞ってしまう原因は遺品の量だけでなく、大切な人が亡くなった直後は大きなショックを受け、手が進まなくなることも関係しています。

遺品が残っている場所が賃貸物件である場合など、気持ちが落ち着くまで先延ばしにできる時間がないようであれば、遺品整理業者に依頼するほうが良いかもしれません。

 

遺品の種類で決める

パソコンなどの家電リサイクル法対象家電は購入した店舗で回収してもらわなければならず、運搬の手間などもかかります。

さらに、ピアノや大型金庫など大きくて重たい物は特定の専門業者に引き取りを依頼しなければなりません。

店舗まで運ぶことができない、引き取り依頼先の業者が分からない場合でも遺品整理業者に依頼すれば全て分別、回収してもらうことができます。

ご自身が自家用車や軽トラックなど運搬手段を持っているか、処分方法を知っているかどうかで判断することもおすすめです。

 

まとめ

ご家族で協力しながら遺品整理を行えば、故人との思い出を振り返ることができるだけでなく、削るべき費用を削って少ない出費で不要な物を処分することができます。

対して、遺品整理業者にはプロの遺品整理士、作業員が在籍していますので、期限までに片付けなければならない、重たい家具を処分しなければいけないなどご家族の作業だけでは困難な場合に依頼すると良いでしょう。

遺品整理業者に依頼するとご家族で整理を行うよりどうしても高い費用が発生してしまいますが、専門家による支援を受けてみたいと思う方はぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

遺品整理プログレスはこちら

業界最安値保証-明朗会計-お見積りは無料でこちらをクリック