お役立ちコラム 遺品の片付けは業者に依頼するべき?自分たちで行うべき?

作業風景

遺品の片付けは業者に依頼するべき?自分たちで行うべき?

遺品整理業者は故人の遺品をご遺族の代わりに分別し、回収してくれる業者です。
重たい家具や家電を代わりに搬出してくれるだけでなく、遺品の供養も行ってくれますが、親族ではない人に遺品を触られることに抵抗感を覚えてしまう方もいらっしゃると思います。
遺品の片付けを業者に依頼するべきか自分たちで行うべきか判断するときは、希望する遺品整理の作業日数や予算を比べて判断することがおすすめです。
双方のメリット、デメリットを比べ、ご自身の状況にとって相応しいほうを選んでみましょう。

 

遺品整理業者を利用するメリットとは?

段ボールを抱えた二人の男性

身体的負担がかからず、短期間で整理を終わらせることができる点が業者を利用するメリットです。
 

遺品をまとめて処分できる

遺品の中には一般ゴミで処分できる物だけでなく、大きな家電や家具など、事前予約をしなければ処分できない物も含まれます。
短い期間の中で遺品整理を終わらせなければならない場合、回収日を待ちながら処分をすることは大変不便です。
遺品整理業者は遺品の種類に関わらず一度で全て回収し、自社で分別や処理を行うため短期間で不要な遺品を処分することができます。
 

遺品を供養してもらえる

人形や写真などゴミとして処分することに罪悪感を感じてしまう物を、遺品整理業者では供養という形で回収してもらえます。
回収と供養を一度に依頼することで、お寺や神社へ申し込む手間を省くことができます。
 

遺品の買取査定を利用できる

遺品整理業者の中には遺品の買取査定を行っている業者もあります。残された遺品の中で希少性が高く需要が高い物や、状態が良い物は買取という形で引き取ってもらえます。買取が成立すれば買取金をサービス利用料金に充てることができますので、費用の節約にも繋がります。
費用面だけでなく、不用品をゴミとして処分せずリユース品として引き取ってもらえますのでリサイクルにも貢献できることもメリットの一つでしょう。

 

遺品整理業者を利用するデメリットとは?

段ボールの山の模型

対してデメリットは、自分で遺品整理をするよりも高い費用が必要となる点です。
 

高額な料金が発生する可能性がある

遺品整理業者に支払う料金は、処分費用だけでなく、手数料や出張費も含まれる場合があります。遺品の量や種類によってはご自身の手で処分をしたほうが安い費用で遺品を片付けられる場合があります。
突然高額な利用料金を請求されて困惑しないためにも、まずはお見積もりを利用してどれぐらいの費用がかかるのか確認しておくことが大切です。
 

回収のキャンセルができない場合がある

捨ててはいけない遺品を誤って回収してもらった場合、処理場へ運送済みの場合は返品してもらえない場合があります。
遺品の中に貴重品が残っていないか確認しながら作業を行いたい場合は、ご自身の手で捜索したほうが良いでしょう。
 

悪質な業者と契約し、トラブルが発生する

悪質な業者と契約してしまうと、遺品を無断で持ち去られてしまったり、通常の作業料金よりも高額な金額を請求されたりする場合があります。
遺品整理を業者に依頼する場合は、口コミや業績などを調べるようにしましょう。

 

自分で遺品を整理するメリットとは?

畳の上に置かれた遺品

自分で遺品を整理することで、じっくりと遺品と向き合いながら片付けをすることができます。
 

遺品を手放すことで心の整理ができる

故人が愛用されていた遺品を処分することで、故人との思い出を振り替えることができるだけでなく、この世から居なくなってしまったことを受け入れることができます。
 

安い費用で遺品を片付けることができる

細かく分解し、一般ゴミとして処分することで費用を抑えることができます。
さらに比較的状態が良い物や希少性が高い物などはリサイクルショップやフリマアプリなどで売却することでいらない物を処分できるだけでなく、買取金や売上金を手に入れることができます。
 

親族以外の人間に知られることなく遺品整理ができる

遺品の中には家族以外の人間に見せたくない物も含まれていることがあります。
親族以外の人に持ち逃げされないよう整理することで、形見分けによるトラブルを防止できます。

 

自分で遺品整理をするデメリットとは?

紐で縛られた本

自分で遺品を処分するためには、長い作業期間と体力が必要になります。
 

短時間で遺品整理を終わらせることは難しい

ゴミは品目によって収集日が異なります。一般ゴミは一日おきに回収している場合もありますが、粗大ゴミや資源ゴミなどは一週間に一回、あるいは事前に予約をして回収をしてもらう必要があり、予約状況によっては1日以上待たなければならないこともあります。
遺品整理業者を利用したときのようにすぐに部屋をきれいにすることはとても難しいです。
 

遺品の分別や搬出で体に負担がかかる

故人が愛用していた布団や家電を処分する場合、ご自身の手で家から運び出さなくてはいけません。体力に自信の無い方が無理に運ぼうとすると体を壊してしまうおそれがあります。
 

感情的になってしまい、整理が進まない

大切な人を亡くしてしまったショックで遺品を分別する手が止まってしまう方もいらっしゃいます。先延ばしになってしまい、いつまでも片付かない状況で放置されてしまいます。悲しみで考えがまとまらない場合でも遺品整理士が遺族の気持ちに寄り添いながら遺品整理の相談に対応してくれます。

 

業者に依頼するべきか自分たちで行うべきかはどうやって判断する?

喪服を着て腕を組む女性

遺品整理を業者に依頼するか、自分たちで行うかは、様々な懸念点で比較し、ご自身にとって相応しいほうを選ぶと良いでしょう。
 

遺品の量で選ぶ

自宅一件分の遺品を整理する場合は遺品整理業者に依頼、アパート一部屋分の遺品を整理する場合は自分たちで行うなど、量で判断する方法です。
量だけでなく、二階に置いてあったタンスやクローゼットなど、重量がある物は無理をせず業者に依頼するほうが安全です。
 

遺品整理を行う予定日数で決める

賃貸物件で遺品整理をする場合、次の家賃が発生する前に遺品を片付けて退去をしなければ支払う必要のない費用を出さなければいけません。
遺品整理業者に退去日を伝えておけば、間に合うように作業スタッフやトラックの台数、スケジュールを調整してくれますが、ご自身のみで短い期間内で全てを片付けることは非常に困難です。
また、遠方から帰省して遺品整理を行う場合、長期間の休暇をとって遺品整理を行わなければいけません。もし毎週末に帰省をして遺品整理を進めるとしても、交通費がかかります。立ち会いなしで作業をしてくれる遺品整理業者に依頼したほうが、結果的に安い費用で遺品を片付けることができる場合もあるのです。
 

遺品整理の予算で決める

処分したい遺品の量が多いほど、遺品整理業者に支払う利用料金は高くなります。
まずは遺品整理業者へお見積もりを依頼しましょう。もし予算より見積金額が高かった場合は、業者と交渉をするか、ご自身で処分できる遺品を除外してもらうことで料金を調整できる場合があります。

 

まとめ

遺品整理は処分費用だけでなく、梱包資材の費用、配送料など様々な費用がかかります。そして遺品を分別したり搬出をすることによって大幅な時間も必要になることを考慮しなければいけません。
費用がかかってでも短期間で遺品を片付けたいときは遺品整理業者、費用を安く抑え一つずつ確認しながら遺品を整理したい場合はご自身で遺品整理を行うことがおすすめです。

遺品整理プログレスはこちら

業界最安値保証-明朗会計-お見積りは無料でこちらをクリック