お役立ちコラム 信頼できる遺品整理業者って?失敗しない遺品整理のコツ!

作業風景

信頼できる遺品整理業者って?失敗しない遺品整理のコツ!

遺品整理は大切な人を思いながら行う作業のため、失敗して後悔しないように慎重に準備を進める必要があります。しかし、遺品整理の準備と言われてもやり方がわからず戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。そのような方は遺品整理業者に作業を依頼するのがおすすめです。こちらの事情を汲んで適切に作業を進めてもらえます

そこで今回は信頼できる遺品整理業者の見極め方法と遺品整理を失敗せずに行うためのコツをご紹介します。

 

遺品整理の失敗とは

頭を抱えた女性

まず、遺品整理の失敗とは何なのでしょうか。主な遺品整理の失敗例を見てみましょう。

 

大切なものを捨ててしまう

遺品整理は故人様が残した全ての持ち物を形見分け品、貴重品、手元に残しておきたい思い出の品、処分品などのカテゴリーに仕分けする作業です。何も考えずに仕分けした結果、大切な物を捨ててしまうと一生後悔することになってしまいます。

 

形見分け、相続でもめる

無事に仕分けが終わっても、取り分をめぐって争ったり、逆にいらないものを押し付けられたりと、相続をめぐる親族間でのトラブルは絶えないものです。仕分け後にどうするかきちんと話し合うのも遺品整理の大切な作業の一つです。

 

気持ちの整理がつかない状態で始めてしまう

冷静に作業を進めるためにも遺品整理は整理する方の気持ちが落ち着いてから始めるのが一番良いのですが、整理する部屋の退去日や親族の滞在期間などに追われて急いで作業を始めなくてはいけないことも多いです。

そんな状態で始めると大切なものを誤って捨ててしまうなど作業に精彩を欠くのはもちろん、大切な人の持ち物をずさんに整理したことに悔いを残す可能性もあります。

 

悪徳業者に騙される

遺品整理業者の中には見積もりと大幅に違う金額を請求したり、回収した品物を不法投棄したりする業者も存在し、それらの業者は総じて悪徳業者と呼ばれます。せっかくの遺品整理を台無しにされないためにも悪徳業者に依頼しないことは非常に重要です。

 

遺品整理を失敗させないためには

手を頭に添えながら考え事をしている女性

主な失敗例を挙げたところで、どうすれば失敗しないのかをご紹介します。

 

大切なものを捨ててしまった、見つからない

誤って大切なものを捨てないためには仕分けを一人で行わないことです。作業がスムーズに進められるうえ、仕分け時のチェックも二重で行えることで必要なものをうっかり処分してしまう確率が低くなります。

親戚・家族で行うのもいいですが、遺品整理業者に依頼するのもおすすめです。仕分け作業の前に探したいものや残したいものなどの相談も受け付けてくれるので安心して任せられます。

 

形見分け、相続でもめる

この問題を解決するには一族総出できちんと話し合った後に遺品整理に取り掛かるのが良いのですが、それが困難な場合も多いのではないでしょうか。そのような時は故人様のエンディングノート・遺言書を参考に進めていきましょう。また、遺品整理業者に頼めばエンディングノートの捜索や形見分けの搬送代行など、何かと大変な相続関連の作業もこちらの希望に合わせてサポートしてくれます。

 

気持ちの整理がつかない状態で始めてしまう

気持ちの整理がつかない状態で始める必要がある時には遺品整理業者に頼むのが一番の解決策です。こちらの要望に寄り添って最善策を提案してくれるので、仕分けをする余裕がない場合でも適切に遺品整理を進めてもらえます。

 

悪徳業者に騙される

悪徳業者に頼まないためにはホームページを細かくチェックするのが大切です。作業ブログなど実績を確認できるものが掲載されていればなお良いです。

遺品整理業者に頼めばここまで紹介してきた遺品整理の失敗を回避できることがわかりましたが、それは優秀で信頼できる遺品整理業者に頼んだ場合の話。うっかり悪徳業者に依頼してしまうと的確なサービスを受けられないどころか、法外な金額請求をされる恐れがあります。そのため、安全な遺品整理業者を見つける必要があるのです。

 

信頼できる(安全な)業者の特徴

安全と書かれた卵

遺品整理を失敗させないためには信頼できる業者への依頼が最重要です。では次に信頼できる業者の特徴をご紹介します。

 

整理の専門業者か

近年の遺品整理需要の増加により、あくまでオプションの一つとして遺品整理を行っている不用品回収業者も増えてきています。依頼のしやすさや回収品処分の確実さなどメリットも多いですが、遺品整理を専門に行っていない業者であると遺品整理の知識が乏しく、不安に寄り添った対応やヒアリングなどが行えません。問い合わせる前に必ず確認しましょう。

 

資格は持っているか

家庭から出る不用品は一般廃棄物として処理しなくてはいけません。そのため、遺品整理の際に出た不用品を搬出する際は一般廃棄物収集運搬許可が必要となり、持っていない場合はきちんと認可された運搬会社を雇っている必要があります。また、整理の際に遺品を買い取る場合は古物商の許可を持っていなければなりません。この二つの資格を持っているかどうかも選ぶ基準になります。

 

明確な見積書を出してくれる

見積書を出してもらえば作業にかかる金額、引いては契約内容が文書で残ることになります。そのため、見積書を出してもらえば契約外の作業追加による追加料金の発生や、トラブルに巻き込まれそうになった際の交渉材料になったりと何かと便利です。

その逆に悪徳業者は正確な見積もりを出さないことで、作業後の高額請求を成立させます。そのため、きちんとした見積もりを行ってくれる業者を探しましょう。また、訪問で見積もりを行ってくれる業者のほうが逐一質問しながら進められるのでより安全です。

 

接客は丁寧か

悪徳業者は多額の請求だけを目的としているので、接客や対応面に気を配りません。そのため、接客に雑さや粗さを感じたらすぐにキャンセルしましょう。信頼できる業者は遺品整理という作業の重さを理解していますので、常に丁寧です。

 

主にこの4つが信頼できる業者の条件と言えるでしょう。

 

信頼できる(安全な)業者か確かめる方法

虫眼鏡にCheckの文字

しかし、この4つの確かめ方が分からない方もいると思います。

そのため、この章では4つの条件の調べ方を紹介します。

 

1.まずは依頼したい業者のホームページを探しましょう

最近はホームページを安く作れるため、ホームページのない会社はサイト作成にコストもかけられないような不安定な経営をしている、自社のサービスをきちんと宣伝する気がないなどあまり良い印象は持てません。また、悪徳業者の多くは足がつくのを恐れてホームページを作成しない傾向もあるため、ホームページがない業者に依頼するのは控えるのが無難です。

 

2.会社概要を確認しよう

会社概要を見れば、その会社がきちんとした方式に則って経営しているかがわかります。ここでは本拠地の住所と先述した資格の確認もできるため、注意深く確認しましょう。

 

3.明確な見積書の提出、接客の丁寧さを調べる方法は?

残念ながらこれはホームページだけでは判断できません。ホームページには「丁寧な接客!」や「明確な見積書を提出!」など自由に書くことができますが、実際にサービスを受けてみないことにはそれが事実かどうかはわかりません。そのため、相見積もりを取って比較することをおすすめします。相見積もりは複数の業者に見積もりを出してもらったうえで判断できるため、複数の接客と見積書を見比べてからの依頼決定ができるのです。

 

このように、ホームページでの入念な検索と相見積もりで信頼できる(安全な)業者かを見極めることができるのです。

 

問い合わせ時に相性を確認

割れてしまったハートマーク

しかし、いくらサービスが完璧な業者でも依頼した業者スタッフとの相性が良くないと納得のいかない整理になってしまうケースも多いです。そのため、業者やスタッフとの相性も重要です。

相性を確認するために、問い合わせはメールではなく電話で行うのがおすすめです。電話に出るスタッフはいわば会社の顔です。適当に受け答えしていたり、聞いたことにきちんと答えてくれないような会社は作業も同じように適当に行っている可能性が高いでしょう。

そのため、まずは電話でスタッフの対応を確認、納得がいけば見積もりを依頼、といったプロセスを踏めば相性の悪い業者に依頼することはほぼなくなるはずです。

 

まとめ

今回は信頼できる遺品整理業者について紹介してきました。遺品整理は故人様の思い出に触れる大切な機会です。正確な遺品整理は充実した供養につながります。後悔が残らないよう、何より大切な人のためにもじっくりと検討して決めてください。

遺品整理プログレスはこちら

業界最安値保証-明朗会計-お見積りは無料でこちらをクリック