故人の遺品整理、処分、生前整理は遺品整理プログレス

お役立ちコラム 遺品整理のおすすめ業者は?おすすめできる業者の特徴をご紹介!

作業風景

遺品整理のおすすめ業者は?おすすめできる業者の特徴をご紹介!

遺品整理は原則として相続人が行います。ですが相続人が心身的に強いストレスを抱えていたり、体力的に遺品の整理をすることが難しい、あるいは処分する遺品の量が多い場合は遺品整理業者への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

遺品の回収だけでなく、遺品の供養やお部屋の清掃も担当してくれる遺品整理業者ですが、中には高額な料金を請求したり、回収後に不適切な処分を行っている業者も存在します。そのため依頼する業者を選ぶときには注意しておきたい特徴を抑え、慎重に判断したいところです。

そこで今回はおすすめできる遺品整理業者の特徴をご紹介いたします。ぜひ依頼する業者を決めるときの参考にしてみてください。

 

「遺品整理士」の資格を持つスタッフがいる

名刺交換をする手

遺品整理士とは一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している資格です。

遺品整理士の主な仕事は必要品と不用品の仕分けや処理、家財の搬出、整理後の簡易清掃です。さらに業者によってはハウスクリーニングや不用品の買取、不動産屋との仲介、遺品の供養、家の解体作業も担当してくれることがあります。

民間の資格ではありますが、法律に従った適切な遺品の回収、そして故人が愛用していた物として遺族の心に寄り添いながら対応してくれるスタッフがいるという証ですので、ホームページで遺品整理士の資格を持ったスタッフの存在を確認しておくことは良い業者を選ぶ判断材料となります。

廃棄物やリサイクル品の扱いに関する専門的な知識に従って、法令に従った適切な処理をしてくれるだけでなく、数々の故人の自宅で整理作業をこなしてきた遺品整理のプロが短時間で整理を終わらせてくれることも期待できます。

もし遺品整理士のことが書かれていない場合は、一般的な不用品回収と同じ対応をされる可能性がありますので選択肢から外した方が良いかもしれません。

 

回収だけでなく、特集清掃、供養なども担当している

ゴム手袋をはめた両手

遺品整理業者を選ぶときは、遺品の回収以外にも特殊清掃、供養などのサービスも行っているか確認しておきましょう。

特殊清掃とは一般的な清掃とは違い、ご遺体の発見が遅れるなどして室内が汚れた場合に行われます。

原状回復を求められるアパートやマンションでの遺品整理では大変役立つサービスですので、業者ごとのサービス内容を確認しておくことがおすすめです。

人形や衣類、手紙や衣服などは「魂が宿る」とされており、そのまま捨ててしまうのは忍びないと感じる方も多いと思います。

遺品整理業者の中には遺品を供養してくれるサービスを行っている所もあります。供養という形で遺品を処分すれば精神的な負担も軽くなり、物だけでなく心も整理をすることができます。
手放しにくい遺品を処分したい場合は、供養をしてくれる業者を選んでみてください。

 

無料で見積もりを行ってくれる

見積書とボールペン

見積もりの時点で料金を請求された場合は、その業者は利用しないほうが良いでしょう。見積もりで確認できることは費用の価格だけでなく、その業者の対応が丁寧であるか、質問にも丁寧に答えてくれるかなどの判断材料になります。

見積もりの金額は主に以下の費用によって決まります。

 

人件費

人件費は作業する遺品の数、そしていつまでに作業を完了させるかによって充てられる人数によって変わります。

人件費に含まれる作業の内訳は、現場への出張、現場での分別作業、不用品の搬出作業などが含まれます。

1部屋分を1時間で片付ける場合は23名の作業員が提案されますが、家一軒分を同じ時間で片付ける場合はより多くの作業員が必要になり、人件費も加算されます。

 

車両費

不用品を回収してもらう車両の積載量によっても値段が変動します。回収する不用品の量によって必要な車種や台数が増減することはもちろん、現場近くの道路が大型トラックが入れない狭さである場合は、軽トラックを2台用意することもあります。

1部屋にある荷物を全て処分する場合、軽トラック12台分が用意されることが一般的です。

 

処理費

処理費とは、処分する不用品の体積によって変動します。この費用は処理業者が処理をする費用のほかに、不用品を分別する際に必要なゴミ袋の経費が含まれています。どのように費用を計算するかと言うと、実際に重量計に乗せて測るわけではなく、数々の現場での作業経験をしたスタッフが目測で全体の体積を把握して算出します。

明細の内訳に疑問を感じたときはすぐに業者に質問をしましょう。似たような作業内容を記載して料金の二重請求をする業者も存在します。
回収後に追加料金が発生するかどうかも確認しておくべきでしょう。

悪質な遺品回収業者は「回収無料」「激安価格」と宣伝しておいて、利用者と契約し作業後に高額な運搬費用や駐車料金などを請求する場合があります。断ると威圧的な態度に豹変し、高齢者や女性から無理矢理お金を請求してくる業者も存在するのです。

想定外のお金を支払ってしまわないよう、追加料金の有無を業者に確認しておくことが必要です。

 

遺品の処理方法を公開している

ゴミ袋と鉄くずの山

ホームページや作業前の説明で回収した遺品の処理方法について詳しく説明していない業者は、空き地や山に不法投棄を行っている可能性があります。不法投棄をした業者に依頼してしまったことで、ご自身も罰せられる可能性もあるのです。

不用品回収業者による不法投棄、不適切な処理が問題となっています。環境対策を行わずに廃家電を破壊することでフロンガスや鉛などの有害物質が空気中に放出されたり、不適切な不用品の管理によってプラスチックや電池が発火、延焼することで火災の原因に繋がってしまうのです。

 

電話窓口や訪問見積もりの対応が丁寧である

ヘッドセットをつけた女性

実際に訪問見積もりに来てもらうことで、業者の身なりや言葉遣いなどをチェックして、信頼できる業者であるかを判断することもできます。スタッフの身だしなみが汚かったり、威圧的な発言があった場合は実際の作業にも反映する可能性があり、遺品を雑に扱われる恐れがあります。

訪問見積もりにて金額を提示されたときに、金額の根拠を丁寧に説明できているかどうかも確認しておきましょう。

キャンセル料の発生の有無について訊ねておくのも忘れないようにしてください。

そして問い合わせで伝えた内容が、見積もりに来た人に正確に伝わっているかどうかも確認しておきたいポイントです。もし伝わっていなかった場合は社内での連携が取れておらず、安心して任せられない業者である可能性が高いです。

 

まとめ

遺品整理はただ亡くなった方の物を片付ける作業ではありません。

相続税を計算するために保管しておかなかればならない物や価値がある物を分からないまま捨ててしまい、親族間でトラブルになってしまわないよう、遺品整理業者を選ぶときは見積金額やサービス内容をじっくり確認してから選ぶようにしましょう。

実際に電話窓口などで相談してみることで、その業者が故人のことを大切に考えてくれる業者か様子を伺ってみるのも良いかもしれません。

遺品整理を業者に依頼するときはご自身の希望に合った一社のみを選ぶのではなく、複数の業者と相見積もりをしてから決めることがおすすめです。見積書の内訳の記載が詳しく、納得できる内容であるかどうかは依頼を決める重要なポイントの一つです。

もちろん価格の安さだけでなくサービス内容も比較して、納得のいく遺品整理業者を選んでください。

業界最安値保証-明朗会計-お見積りは無料でこちらをクリック