神奈川県横浜市中区で家庭用電話機を買取させていただきました。

  • 家具・家電

家庭用電話機を手放す際の注意点とは?

こんにちは。当社のホームページをご覧いただきありがとうございます。日本全国で遺品整理・生前整理を承っている遺品整理プログレスです。

年末年始が近づいてきましたが、皆さまはどのようにお過ごしになるかすでにお決めになられましたか。旅行の計画を立てている方は、年末まで残りわずかですので同行予定の人たちと携帯電話のSNSやメールで連絡を取り合っているのではないでしょうか。私はスマホ世代ですから、友人と旅行の計画を立てるときはいつも携帯電話で連絡を取りますが、固定電話しかなかった時代は通話で全て伝えていたそうですが、文字が残せず再確認できないため不便に感じてしまいます。また、「待ち合わせの場所がうまく伝えられず会えなかった」という話を聞くと、私は便利な時代に生まれたのだなと実感します。

今回ご紹介させていただくのは、神奈川県横浜市中区で遺品整理のご依頼を受けた際に買取させていただいた家庭用電話機、「panasonic パナソニック コードレス電話機 RU.RU.RU VE-GP24DL-W 子機付き」でございます。買取価格は1,600円とさせていただきました。
ご自宅で家庭用電話機を使用している方はまだまだ多いと思いますが、一人暮らしの私のような者には、各種手続きも携帯電話の番号さえ伝えればいいため、必要性をあまり感じません。その影響か分かりませんが、最近の家庭用電話機は私たち世代に向けた機種は少なく、ご高齢の方を対象とした製品が多いようです。今回の商品は比較的新しい機種のためこのような買取価格になりましたが、古いタイプは買取ができない場合もあるため、製造年を確認してから買取を依頼するようにしてください。しかし、電話を売る際に一番気を付けなくてはならないのは「個人情報の管理」です。電話機には個人情報が多く記録されており、漏れてしまうとご本人様だけではなく、登録されていた方にも迷惑がかかってしまいます。そのため、今回は家庭用電話機を売りに出す前に気を付けていただきたいことをご紹介いたします。

【家庭用電話機を売りに出す前に気を付けていただきたいこと】

1. データやメモリーの消去
家庭用電話機には親族や知り合いの電話番号が名前と共に記録されている場合があります。個人情報の流失を防ぐためにも売る前には必ず消去しましょう。消去方法が分からない場合は電話機のホームページでダウンロードが可能なため、説明書を紛失していても調べられます。

2. 紙やインクなどを取り外す
ファックス付きの電話機には紙やインクなどの付属品がありますが、これらはなくても査定に影響しないため、取り外しておくと再利用できます。子機もまとめて買取を依頼する場合は、子機の中に内蔵されている電池の取り外しもお忘れなく。

3. 古い電話機などの場合は借り受けた電話機の場合がある
古い電話機の中にはNTTと契約して借り受けた機種がまれにあります。その際はもちろん売りには出せません。NTTに電話で確認をすれば分かりますので、古い電話機で良く分からない場合は、一度問い合わせる必要があります。

このように、家庭用電話機を売る際は注意すべき点がたくさんあります。しかし、遺品整理で電話機を処分する際は時間をかけてはいられないと思います。当社は電話機のデータ消去や備品の取り外しも承りますので、お客様に負担をかけず買取いたします。

遺品整理プログレスはお客様の気持ちに寄り添った回収をさせていただけるよう、リサイクルを目的とした買取を承っております。複雑な手続きも回収と並行して引き受けますので、ご遺族様は故人様の思いを整理しながら作業を進めていただけます。遺品整理・生前整理でお悩みの際は、ぜひ遺品整理プログレスへご相談くださいませ。

買取価格
1,600円