遺品整理プログレスのボランティア活動と寄付活動

いつもありがとうございます。

少し前に、御朱印帳片手に神社やお寺を巡る御朱印ガールが流行りましたね。

パワースポットの御朱印だけを集める人、可愛い御朱印帳を買うために地方まで行く人
かくゆう私も、遅咲きながらマイブームが神社やお寺参りです。
いまだに『ココだ!』という寺院に巡り合えず御朱印は一つもなく御朱印帳は真っ白です。

さて、今日は遺品プログレスのボランティア活動の一環である寄付についてふれたいと思います。

遺品プログレスでは、日頃の感謝を少しでも社会に還元しようと、福祉施設などへの寄付活動にも力を入れています。

先日は、地域応援の一環として日本で活躍している外国人バスケットボール選手へ寄付をさせて頂きました。
寄付.jpg

今回寄付させていただいたアースフレンズ東京Z様

スポーツには、人と人を繋げていく力がある

試合が終われば共に何かを成し遂げたような一体感が生まれ、スポーツによって人と人が理解しあい、国と国が繋がっていく

全ての方々がスポーツについて
『観る』『プレーする』『支える』ことを楽しむことにより"ユニバーサル社会"の実現の力になりたい

をテーマに、社会貢献を考えているチームへの協力ができればと思い寄付活動させていただきました。

他にも社会福祉法人児童養護施設の卒業生へ電化製品などの生活用品を寄付させていただきました。

日頃の分別やリサイクル活動も含め、常に社会に貢献していく企業でありたと考えています。

遺品整理において、不用になり処分対象と考えられる物

家具家電から日用品、文房具に玩具まで幅広い種類のご遺品に新たな価値を見出し、高価買取り査定をさせていただきます。

新しい物が簡単に格安で手に入る時代

すぐに不用品処分にしてしまわずに、ごみ処理とリサイクル費用について考えてみたいと思います。

平成17年度については、一般廃棄物のゴミ処理事業経費は1兆9,107億円。
国民1人当たり約1万5千円がかけられていることになります。
(調査費目が細分化されていない為、ゴミの収集・運搬、リサイクル、
リサイクル以外の中間処理、埋立て処分にそれぞれいくらかけられているかはわかりません。)

出典:www-cycle.nies.go.jp/magazine/kenkyu/20080121.htm

環境への悪影響はもちろん将来の処理費用が高騰することを見据えつつ、ごみの減量を減らし、資源を大事にしていきたいです。

このように弊社、遺品整理プログレスではリサイクル・リユースに力を入れ、

廃棄にかかるコストの削減をするだけでなく、地球にも優しい遺品整理を心がけています。

これからもたくさんの方々を笑顔にできる会社を目指し努めて参りたいと思います。