故人の遺品整理、処分、生前整理は遺品整理プログレス

作業日誌 本日、遺品供養を滞りなく終了して参りました。

作業風景

本日、遺品供養を滞りなく終了して参りました。

2019年、新しい年がやってまいりました。


皆様、いかがお過ごしですか?


本日は、いつもお世話になっております神社へ、お客様からお預かりいたしましたすべてのご遺品を供養し、お預けさせていただきました。


f4ad780e4a46d41b45bf96617462778c_s.jpg


故人様が大切にしていたものを、簡単にゴミにするのはとても心苦しいこととご察しいたします。



本日のご供養は、合同供養のみでしたが、「遺品整理プログレス」ではお客様に供養の方法を選択していただけるようになっております。



合同供養と個別供養の2通り準備しておりますので、違いについて少しお話していきましょう。



お預かりいたしましたご遺品を、他のお客様のご遺品とあわせてご供養する方法を合同供養と言います。



お客様のご遺品のみを個別でご供養する方法が、個別供養となっております。



合同供養に関しましては、弊社「遺品整理プログレス」では、基本のサービスの中に含まれておりますので無償にて対応致しております。



合同供養、個別供養の違うてんは言葉の通り、合同か個別かの違いのみで、供養方法は全く同じ方法となっておりますので、できるだけ基本料金に含まれている合同供養を、お客様にご提案させていただいております。



ご供養の際に必要になりますお花やお線香、お鈴などの必要な仏具は、弊社が全て準備いたしますので、ご遺族様のお手をわずらわせることは一切ございません。



通常の方法ですと、ご遺族様がご自身で僧侶に遺品のご供養を依頼しなくてはいけません。



当然ですが、遺品供養にはお布施が必要になってまいります。



お布施とは、お気持ちの金額であって、金額が決まっているわけではありませんが、だいたい世間一般の相場は、1万円~3万円程度必要と言われております。



「遺品整理プログレス」でも、神社にはお布施を毎回収めておりますが、合同でさせて頂くことにより、お客様へお布施の金額をサービスさせて頂いております。



ご希望の方へは、ご供養後に寺院様より、供養証明を発行させていただくことも可能ですので、必要でしたらお申し付けください。



「遺品整理プログレス」では、ご供養の後の最後の処分まで、全てに真心を持ち、故人様、ご遺族様のお気持ちに寄り添い、遺品整理サービスを提供しております。



遺品整理をしておりますと、「想い出の詰まった遺品を簡単に処分することが出来ない」と言ったお客様のお問合せの声が多く、「遺品整理プログレス」では、このようなサービスを取り入れることとなりました。



弊社の数あるサービスの中でも、最も需要の高いサービスです。



仏壇のご供養から、遺影、位牌、仏具、神棚、写真、人形、ぬいぐるみ、衣類、装飾品類、愛用品、故人の作品、趣味の品、玩具、コレクション品、日用品、家具類、食器類、寝具、車両に至るまで、全ての遺品を供養しております。



1点のご遺品から大量のご遺品まで承りますので、お気軽にお申し付けください。



遺品のご供養でお悩みの方は、いちど「遺品整理プログレス」までご相談くださいませ。


業界最安値保証-明朗会計-お見積りは無料でこちらをクリック