故人の遺品整理、処分、生前整理は遺品整理プログレス

作業日誌 孤独死されたお部屋の清掃・消臭について

作業風景

孤独死されたお部屋の清掃・消臭について

kodokushi.jpg


冬の寒さもいよいよ本格的になってまいりましたが皆様はお風邪などひかれていませんでしょうか?



室内と室外の気温の差も大きいこの季節、外へ出られる際はあったかくしてお出かけ下さいね。



さて、本日は特殊清掃のお話をしたいと思います。



遺品整理プログレスでは、遺品を整理する際に特殊清掃・消臭作業のオプションサービスをお選びいただくことが出来ます。



核家族化に伴ってか、近頃テレビや新聞などで「孤独死」の問題がクローズアップされることが多くなってきました。



賃貸物件のオーナー様などは、次のご入居者様のためにお部屋を綺麗にする必要があります。



しかし、前の入居者様が孤独死されたお部屋には皆様の想像を絶する光景が広がっています。



お布団にしみ込んだ体液や血液は時間を経ることで異臭を放ちます。死後、発見されるまで長ければ長い程、部屋自体に臭いが染みついてしまい、ちょっとやそっとでは取れません。



害虫が発生したりするケースも珍しくありませんので、清掃にはプロの力が必要です。



プログレスでは、臭いの染みついてしまったお部屋にはオゾンを使用して消臭作業を行っています。



オゾン自体も独特なにおいを持っていますが(ニンニクのようなにおいと言われています)、酸化力が高く消臭や漂白に適しているとされています。



このオゾンを臭いや汚れの程度によって数回に分けて散布することで、完全に臭いを消すことが出来ます。



消臭作業後は、薬剤を使用して消毒や殺菌を行っていきます。



害虫などが発生している場合も同様に薬剤を散布します。



ここまでが済んだら整理作業をスタートします。



整理を終えてみると、荷物でいっぱいだったときは見つけることが出来なかった汚れなどが床や畳に新たに発見されることがありますので、新しく張り替えを行います。



プログレスでは、ご依頼主様のご要望に出来るだけ応えられるよう依頼主様のお立合いなしでも作業をさせて頂いております。



また、血や体液で汚れた布団や臭いが強く染みついたご遺品などを処分のために運び出す際には、ご近所や近隣の住民の方の目に触れたり、ご迷惑をおかけしたりないようにしっかりと梱包を行うことで臭いを防ぎながら進めていきます。



どのような状態のお部屋でも一度ご相談下さい。



しっかりと消臭・殺菌・清掃を行って見違えるほどきれいなお部屋にお戻し致します。



立ち合いが出来ない場合などもお写真を撮りお見せすることで作業を進めることが出来ます。



孤独死された方のお部屋でお困りの方もぜひ一度ご相談下さいませ。




業界最安値保証-明朗会計-お見積りは無料でこちらをクリック