遺品整理の分別・仕分け作業をするうえで大切なこと

お世話になっております。遺品整理プログレスです。
更新が約1か月ほど空いてしまい、大変申し訳ございません。有り難いことに沢山のお客様から日々お問い合わせをいただいております。
当社のホームページからお問い合わせをいただいたり、以前ご利用されたことのあるお客様からのご紹介であったりと、沢山のご縁と繋がれてとても嬉しく思います。

そんな沢山のご縁をいただき、お客様に喜んでいただけるサービスをご提供できるよう、私たちスタッフも気を引き締めている毎日です。
スタッフと作業をするうえで、チームワークが仕事の効率を上げるのはもちろんですが、それを最大限に引き出すためにも、細かい打ち合わせや段取りの確認など、スタッフ同士での連携がとても重要になってきます。

本日の作業日誌では、遺品整理の作業効率をより高めるための「故人様が所有していた遺品の分別・仕分け」についてお話しさせていただこうかと思います。

遺品整理の現場には、とても沢山のお品物がございます。
故人様が生前大切にされていたお品物は、家族にとっても大切な遺品となりますよね。それらを丁寧に整理し、お客様へお渡ししたときの表情は、どの現場に立ち会っても心に残る光景です。

当社では、事前にお客様から「遺品の分別・仕分け」の種類について確認を取らせていただき、整理を進めていきます。それらのなかでも、処分量が多い現場の場合は、お客様からのご要望をまとめ、スタッフと作業分担しながら分別・仕分けを進めていきます。特に貴重品などの取り扱いには、細心の注意を払い作業を行っております。例えば・・・

【預金通帳・銀行カード・印鑑】
期限切れになっているクレジットカードなども含め、全てお渡ししております。特に印鑑などは複数お持ちになっている方もいらっしゃいますので、それぞれの手続きで「どの印鑑が必要」なのかあらかじめ把握できていた方がスムーズに完了いたしますね。

【商品券・テレホンカード・切手】
こちらも現金と同じ扱いとして、お客様へお渡しいたします。ICカード(電子マネーカード)なども、残高が残ったままになっていることもございますので、必ずご確認ください。

【貴金属(指輪・ネックレス・時計など)】
タンス内を整理していると必ず出てくる貴金属。生前に、故人様が大切に使われていた指輪なども、スタッフが丁寧に保管しお客様へお渡しいたします。

これら以外にも、当社では様々な遺品の整理に特化しておりますので、柔軟に対応いたします。残しておきたいお品物の分別はもちろん、処分したいお品物の仕分け作業も当社にお任せくださいね。

様々な分野でスタッフそれぞれの知識を活かし、今後もお客様に安心して作業をお任せいただけるよう、日々精進してまいります!