「供用方法」についてお伝えいたします。

供養
こんにちは、春の陽気きに衣替えをしたにもかかわらず、冷え込みが続いておりますがいかがお過ごしですが?

冬用の上着をしまい込んでしまったので、急いで上着を取り出しております。

この時期、寒暖差が激しいですが体調管理をしっかり行ってください。

遺品整理プログレスをご利用のお客様でよくあるご質問ですが、その中で「供養方法」をご心配なされます。

本日は「供養方法」についてお伝えさせていただきます。

ご遺族の方々も我々にとっても遺品は故人様が生前遺された大事な品々です。

その一つ一つが供養品であると弊社では考えております。

そして、その「供養方法」は各ご遺族様によって様々なご要望がございます。

「供養方法」の中でよくある事例としましては、お仏壇や神棚、お写真、人形やお札、お椀にお箸と様々な想い出の品や愛用品などこれらたくさんの遺品が遠方で持って帰れない、そのまま処分するにはしのびないというお客様には「合同供養」のサービスを行っております。

「合同供養」の方法は遺品整理後、梱包させていただいた供養品を弊社供養施設に搬送・保管させていただき、弊社の提携寺院へ依頼し僧侶に施設へ来ていただいて、読経での遺品供養をさせていただきます。

そして現地状況によっては、お部屋までプログレスが僧侶の訪問を手配させていただき「訪問供養」も行っております。

「訪問供養」の方法は遺品の数が多かったり、お部屋やお宅を丸ごと供養したいというお客様や様々事情により行う事がございます。

そのため、僧侶の読経による供養は基本的に遺品整理の前に行わせていただきます。

もちろんご遺族様のお手間は何もございません。

お線香、お鈴など必要な仏具は弊社でご準備致します。

そして僧侶の読経により弊社の整理スタッフの気持ちも整理され、お客様へ気持ち良い作業のサービスを提供致します。

遺品整理の作業はあくまでご遺族の方々ではなく、弊社スタッフであります。

そんな業者ですが少しでもご遺族、故人様に寄り添える、そんな業者でありたいと考えております。

遺品の供養は故人様との気持ちの整理にも必要な事ではないでしょうか?
遺品整理プログレスでは遺品の整理だけでなく、気持ちの整理も行っております。

些細なご質問でも構いません。
遺品整理プログレスまでご相談下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

本当にお客様が安心して遺品整理プログレスをご利用していただくために、様々なサービスも展開しておりますのでぜひお気軽にお問い合わせ下さい。