冬季の事故防止・安全作業について

PAK26_yukigahurihajimerudouro20140208_TP_V4.jpg
皆さんこんにちは。寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
今の時期は降雪量が多く、朝は事業所前の雪かきに追われる日々です。

遺品整理のご依頼をいただく地域でも10センチほど雪が積もっており、細心の注意を払いながら作業トラックを運転し、お客様のもとまで駆け付けております。

そんな雪のなかの作業は、様々なリスクや危険と隣り合わせです。
荷物を運ぶ台車が使えなかったり、天候が悪化してくると視界が悪くなり作業を進めるうえで時間との勝負になってきます。
特に玄関先のタイルや滑りやすい箇所などは、雪で隠れている部分をしっかりどかしておかないと搬出中の転倒事故に繋がる恐れもあるので、作業前の下準備はとても大切です。

もちろん安全が確保できない状況などについては、今後の天候チェックやお客様とどのようなプランに変更して作業を進めていくかをご相談したうえで判断いたしますのでご安心下さい。
無理な作業は『ダメ。ゼッタイ。』!

そこで本日は、弊社が作業を進めるにあたって普段気を付けていることや、心掛けていることを紹介いたします。

① 作業中の手袋着用
現場作業中では、全スタッフに手袋の着用を義務付けております。
段ボールや割れたガラス製品など、作業中はどのような物で怪我をするか予測が出来ません。
そのためにも、作業中の手袋はとても大切な役割を担っています。
ガレキ処理などに伴う危ない作業には革が厚い手袋を着用するなど、それぞれの場面によって手袋の種類を使い分けるのもポイントです。

② 高所作業中のヘルメット着用
エアコンの取り外し作業や、2階からの吊り作業などの高所作業中のヘルメット着用は作業員の大切な命を守ります。
そして弊社の倉庫内作業でもヘルメット着用は必須です。
お客様が見えないところでも安全対策はしっかり行い、日頃から身を引きしめております。
また、弊社では解体作業のご依頼も承っておりますので作業中は『ヘルメット着用』+『作業用手袋』を欠かさず、プロ意識を持って作業を進行しております。

今までより、多くの良質なサービスをお客様に継続してご提供できるように、日々精進してまいります。

まだまだ雪が降る日が続き、雪下ろしも必要になってくるご家庭も多くあると思いますので、皆さまもどうか事故などお気をつけてお過ごしください。
不用品処分やお部屋のハウスクリーニングなど、気になることがございましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

スタッフ一同お待ちしております。