年内営業も残りわずか、お預かり致しましたお仏壇の供養をいたしました。

いつも遺品整理プログレスの作業日誌を読んでいただきありがとうございます。

2018年も、沢山の方々にお世話になりました。

みなさまにとってどのような一年であったでしょうか?

私自身も、淋しい別れもありましたが、嬉しい出会いがあったりと充実した一年になったと思います。

また、遺品整理プログレスとしては、このお仕事での"日本一のリーディングカンパニー"になったと言われています。

沢山のお客様に支えられました。

来年も沢山のお客様のお役に立てるように誠心誠意働いてゆきます。

今年も残すところあと、三日です。

月日が流れるのは早いものですね。

私たちは先日、一年の締めくくりという事で皆様からお預かりしたお仏壇の供養をおこないました。

お預かりさせて頂いていたお客様には、僧侶発行の"供養証明"をお送り致しますので、到着までお待ちください。

到着しましたら、ご確認の程よろしくお願いします。

供養では、お仏壇以外にもお人形などのお客様からお預かりしたご供養のお品に読経を挙げて頂いております。

この画像のように、僧侶には仏壇一基ずつに読経をあげて頂いているのです。

遺品供養写真.jpg

また、遺品整理プログレスでは"読経"による供養以外にも"お焚き上げ"による供養や"訪問"でのご供養などもおこなっております。

それぞれの遺品に合わせた供養方法でご供養させていただきます。

ご供養できる遺品としては主に、

・仏壇

・遺影

・位牌

・仏具

・神棚

・写真

・人形

・ぬいぐるみ

・衣類

・装飾品類

・愛用品

・故人の作品

・趣味の品

・玩具

・コレクション品

・日用品

・家具類

・食器類

・寝具

・車両

などがあります。

その他にも供養できる品は多数ありますので、お気軽にご相談下さい。

一点からの供養も承っております。

遺品供養をおこなった方がいいのかどうかとお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。

遺品整理プログレスでは、合同の供養ですと無料でおこなっております。

ですので、供養をお勧めしたいです。

無料だからお勧めするのではなく、小さな迷いから供養をしなかった後、大きな後悔へと変わってしまう事がよくあるからです。

供養をした方がいいのか迷うという事は、故人様への想いがそこにあるのではないかと私たちは感じております。

故人様を想う気持ちを大切にし、ご家族様が前を向き歩むためにも遺品供養をお勧めします。

繰り返しになってしまいますが、今年一年ありがとうございました。

2019年も、宜しくお願い致します。

お客様から頂く感謝の気持ちを力により一層頑張っていきたい!と思います。

皆さまが健康に、また一年過ごせますように。