遺品整理の際に見つかった着物について

弊社、遺品プログレスのホームページをご覧下さりありがとうございます。

地震に台風と異常現象のような環境が続き、不安な日が続きますね。

地震は、断層のズレによって起きるものであり、気象はまた別の要因らしいのですが、
異常気象によって強い低気圧が張り出し、地面を押さえつけている気圧の力が大きく緩み、地震が誘発されてしまうという説や、
大地震に伴う地軸の揺れがスーパー低気圧を発生させることで様々な異常現象が次々と引き起こされるとの説があるそうです。

どちらにしても、緊急時に備えての準備をしておきたいですね。

さて本日は、先日に遺品整理のご依頼を受けご遺族様の元へ行ってまいりました。
遺品整理をしていると、ご遺族様から着物についてのご相談がありました。



着物.jpg


故人様は着物が好きで、何着も持っており、生前から大切に保管されていたとのことでした。
ですが『思い出が詰まっているので処分はしたくないけれど、保管の仕方がわからずどうすればいいかわからない』とおっしゃっていました。

着物の処分に悩むご遺族様は少なくありません。
サイズも違い、今では着物を着る機会も少なくなりました。

布団カバーにするなどのリサイクル活用もできますが、時間や労力が必要になり簡単なことではありません。

故人様が大事にされている着物はたくさんございました。
もちろん、全て買い取らせていただきました。

中には、かなり古い物もございましたが、弊社プログレスでは、独自に様々なリサイクル・リユースを展開しておりますので、
他の方の手元に渡り、また大切に使っていただける場合や、海外での需要もありあます。
着物リメイクも行っていますので、新しい形で蘇らせる事も可能です。

リサイクル・リユースを自社で展開しているからこそ、全ての着物を買取りさせていただくことができました。

故人様が大事にされてきた着物を違う形で活かせると、ご遺族様も大変喜んでいらっしゃいました。

このように、遺品整理の際に出てきた遺品の買取りも、遠慮なくご相談下さい。

今回の様にご遺族様からの依頼に限らず、数年前から終活という言葉が広がり、若い世代から自身が亡くなった後の事を考える方が増えた様に思います。

残されたご遺族の事を考え、生前にご自身で身辺整理を行う。
若い頃から、自身の最期を考えるのは何とも言い難いことです。

ですが、若い頃なら可能なことも、年を追うごとに時間的にも体力的にも余裕がなくなってしまうから少しでも若い間にと考えられる様になったのかもしれません。

実際にはどうでしょう。
何をしたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

弊社、遺品整理プログレスでは、幾度も遺品整理の現場に立ち会ってまいりました。
生前整理のアドバイスやお手伝いをさせて頂きますので、いつでもご相談下さい。

遺品プログレスでは、生前整理・遺品整理や特殊清掃の他に、遺品供養も承っております。

故人様が大切にされていた思い出の品や愛用されていたものを、そのまま処分するには気が引けるというご遺族様もいらっしゃると思います。
遺品供養をされ気持ちに整理をつけられるのも良いかもしれません。


遺品整理プログレスには遺品整理士の資格をもつ『遺品整理のプロ』が在籍しておりますので、お気軽にご相談下さい。