遺品整理の現場でトミカコレクションの買取をしました

こんにちは。ゴールデンウイークも過ぎましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

長期休暇でリフレッシュされた方も、色々出かけて疲れたという方も、また日常に戻って頑張りましょう。

さて本日は大切にコレクションをなさっていたトミカを買取らせていただいたお話です。

世間には様々なコレクターさんがいらっしゃいます。きっかけは「集めやすかったから」とか「心を掴んで離さなかった」などといった理由をよく伺います。多くの方がコレクションしていらっしゃる物に、切手や硬貨(貨幣)骨董品などがありますが、なかには化石や昆虫などといったご自分の趣味に合った様々な物があります。

今回の遺品整理に伺ったお宅にも沢山のトミカコレクションがありました。中でも一番のお気に入りだったと思われるスポーツカータイプのセットが大切に保管されていました。
大好きなトミカに囲まれて、手に取る度に何とも言えない高揚感で満たされていらしたのだろうと思うと、少し羨ましいような気がました。

トミカは子どもから大人まで幅広い世代に愛されるロングセラーの大人気のおもちゃです。
トミカは1970年にトミー(現在の株式会社タカラトミー)が販売を開始しました。日本初の手のひらサイズの国産ミニカーは大ヒットし、累計930種超の車種、販売数は6億個以上だそうです。他にも有名なおもちゃにダッコちゃんや人生ゲームなどがあり、トミーが販売し大ヒットしたおもちゃです。

トミカが大人気の理由は、手のひらサイズにもかかわらず、細かい部分まで作りこまれ、忠実に再現されているところです。塗装やドアの開閉具合にもこだわって作られているため、多くのファンの心を掴んで離さないそうです。
無題.png
古い骨董品や繊細な柄の着物であれば、高値がつきそうなイメージがありますが、ミニカーの様なおもちゃは、一見すると価値がある物なのか素人には分かりません。ですが、販売時期や販売個数、入手経路などによってその価値は変わり、コレクターやマニアの方にとっては「ずっと探していたお宝」になり、時には20万円以上の値がつくトミカもあるそうです。見る人によってその価値は変わるのですね。

今回の様に、故人が趣味でコレクションなさっていた物を高値で買取をさせていただく場合は多いです。お見積りの際に「コレクション品が沢山ある」とおっしゃっていただきましたら、プロの鑑定士が当日の作業スタッフと共にご自宅へお伺いいたします。
ですので、お客様には「仕分け、梱包、配送」などといったお手間をかけていただく必要はありません。そのままの状態で残しておいていただければ結構です。
「梱包や搬送の際に部品が欠けてしまった」といったトラブルもございませんので、査定に支障が出ないぶん、正確な鑑定がしやすくなります。

どんな物でも結構です。限定販売されていた物や保存状態が良い物は高値で買取らせていただく場合が多いですが、たとえ色褪せや、錆、欠品など保存状態が芳しくない状態でも目利きの鑑定士が査定いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。なお査定額につきましては、査定金額にご納得いただけましたら当日にお支払いすることが出来ます。

きちんと綺麗な状態でないと買取ってもらえないと諦める必要はなく、一度拝見させていただいてからの査定になりますので「これは」と思われる物があればお声掛けください。

今回のトミカの買取は量も沢山あったので、お客様は「満足いく査定金額で買取ってもらえて良かったです。部屋もスッキリしました。」と大変満足してくだいました。お喜びいただけて私共も大変嬉しく思っております。

今回もご覧いただきましてどうもありがとうございました。