遺品整理でお引き取りした品物はリサイクルとリユースをしております

五月に入ってもまだ少し肌寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本日は、お客様より引き受けた品物についてのお話です。
大切なお身内が亡くなられ遺品整理をしなければならなくなった時、ご遺族様の心の中は「いつまでもそのままにしておくわけにはいかないけれど、気持ちの整理がつかない」「沢山ありすぎて荷物の整理の仕方がわからない」「自分たちで出来る自信がない」などとても複雑です。

遺品整理プログレスで大切にしていることは、遺品を整理する時にお客様のお気持ちを大切に考え、丁寧に作業を進めるということです。他人からみれば必要と思えないような物でも、ご遺族様からすると「故人と自分たちを繋げていてくれる唯一の品物」だからです。


遺品整理の作業では、お手元に残される品物と手放して我々が引取りをする品物に分けます。大切に思う品物を他人に渡すということは、やはり気になるのはその品物の行方で、「どこにどんな風に持っていかれるのですか。誰の手に渡るのですか」といったご質問をよくいただきます。


遺品整理プログレスで引取った品物の80%をリサイクルまたはリユースという形で再使用しており、国内はもちろん海外へも輸出し、新たな買取り手の方に渡っております。例えば、一つだけでは販売が難しいという商品は、似たような商品とセットにして売ったり、電源を入れても動かない商品は部品の一部を回収し、他の商品の部品と交換して再生させたりします。お人形なども供養を済ませ、綺麗に直して新しいお客様に長く大切にお使いいただけるように工夫をしております。

リサイクルとリユースは、環境に配慮した身近で出来る活動で、無駄なエネルギーを出さないという点で優れているので積極的に取り入れております。

7743e848fb67fefdb02ca4fd79996f51_t[1].jpg
物を捨てるのは単に「その品物を目の前から無くす」ことではなく、その品物を焼却するために必要な場所や資材、焼却する時に発生する熱エネルギーや煙、部品解体にかかる人件費など、想像以上に簡単なことではありません。ならば「それを欲しい」と求めてくださるお客様にお譲りまたはお買い上げいただいた方が、品物もお客様も私共もみんな円満に幸せな気分になれます。

そしてこのリサイクルやリユースは「物を大切にする」という意識を芽生えさせるため、遺品整理プログレスのスタッフの意識形成の一つとしてとても役立ってくれています。少し汚れていたり破れていても「この品物を次のお客様が喜んで使えるようになるにはどうすればよいか」と一生懸命考えることはスタッフ同士のコミュニケーションにもなり、また愛情を込めて修繕をするという行為は「自分たちの手で再生させた」という達成感も生まれ自信にも繋がります。

遺品整理という形でお客様とご縁があり、「遺品整理プログレスなら信頼して任せられる」とご判断いただいたのですから「ご依頼をいただいたので、遺品整理をしに来ました。」で作業が終われば帰るだけの仕事でなく、お預かりした大切な品物をより魅力的に再生させて、再び大切に使ってくれる人のところへとお届けできるといった誇らしい仕事も併せ出来て本当に嬉しいと思います。

その他にも遺品整理プログレスは様々な活動に参加しております。社会貢献の一つとしてボランティア活動や寄付も積極的に行い、先日はお客様より買取をした品物をきれいに再生させスポーツ選手のお宅や福祉施設に寄付をしました。

最後になりましたが、弊社では品物の買取り額を遺品整理にかかった金額から引かせていただくこともしており、お客様にもとてもお喜びいただいております。何かあればすぐにお問合せいただき「またお願いできますか」と何度もご利用くださるお客様にも大変感謝しております。