先日、《AERA》朝日新聞出版の取材がありました!

皆さまこんにちは。日本各地で雷のニュースが相次いでいますが、皆さまのお住まいの地域は大丈夫ですか?テレビで流れるイナズマの映像は、本当に恐ろしいです。今年は梅雨の頃からずるずるとスッキリしないお天気の日が続いていますので、お出かけ中の急な雷雨にはくれぐれも注意してください。

では本題に入りましょう!先日、朝日新聞出版様からAERA(アエラ)というニュース週刊誌の取材をしていただきました。こちらの週刊誌は政治から、エンターテイメントまで、幅広いジャンルで今の時代を取り上げている雑誌です。遺品整理というお仕事も、まさに今の時代が注目する仕事ということで取り上げえていただきました。

AERA(アエラ)↓

http://publications.asahi.com//ecs/12.shtml

※弊社、遺品整理プログレスの紙面掲載は9/16号です。よろしければ、チェックしてみてください。

20170816_170816_0008.jpg

今回の取材では、東京の小金井市にあるお宅の遺品整理をいたしました。こちらのお宅の故人様は、生前は5~6年ほど施設にご入居されており、その間は空き家状態でした。

今回は、相続された方による売却が決まった為、ご依頼いただきました。生前は、施設で生活をされていたとはいえ、ご自宅にはたくさんの遺品がありました。弊社の遺品整理の特徴は、まず1つ1つのご遺品に対し、しっかりと確認して仕分けをします。次に1つでも多くリサイクルできるものを分別し、回収・買い取りをします。買い取りのお品が増えると、整理にお支払いいただくお客様の負担が減るだけではなく、ゴミではなくリサイクルするということが、なにより環境にも良いことだと考えています。

小さな置物などから大きな家具・家電、骨董品と、プロの鑑定士が細かく鑑定し、幅広く買い取りさせていただきます。

そして、オークションで販売するものや、海外貿易でタイやフィリピンなど主に東南アジアに送るものなど用途にあわせてリサイクルしております。

遺品整理業者はたくさんありますが、遺品はまとめて処分するところも少なくありません。弊社は、大事な遺品も不要になった遺品も全て、大切に扱うようにこころがけています。故人様にとっても、大事にしていたものが今もずっと誰かが大切に使ってくれているのはとても嬉しいことではないかなと思います。

また、遺品整理に伴う業務として、リフォームや不動産整理の手続き代行、特殊清掃、荷物配送などの豊富なアフターサポートも弊社ならではの強みではないかと思っております。大変な思いをされている方の気持ちに寄り添い、少しでもお力になれれば幸いです。困ったことはどんなことでもご相談ください。

今回のAERA掲載により、少しでも多くの方に遺品整理のことをご理解いただければ嬉しいです。ぜひぜひ、お目を通してみてください!!