特殊清掃時の注意点をご紹介

ご覧の皆さま、こんにちは!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

このたび、生まれて初めてブログの担当に任命されました、遺品整理プログレス 新入社員の森山です。

文章はとても苦手で、恥ずかしながら今までずっとこういうお仕事は避けて通って来ましたが、今回その記録にピリオドがうたれました・・・

ですが『亡くなられた方の思い出の詰まった大切なお品を整理させていただく』という素敵なお仕事に対する思いは負けません。

読みづらい点もたたあるかと思いますが、これからもどうぞ宜しくお願いします。

さて、9月に入りました。少しは暑さがましになってくる頃かな・・と油断していましたがまだまだ日中暑い日が続いております。

この時期の熱中症が意外に多いみたいですので、皆さま水分補給をしっかりされてくださいね。

先月、スタッフが特殊清掃のご依頼を受けました。特殊清掃とは、お亡くなりになられてから日が経過して発見されたため、腐敗が進み体液などがお家の中に付着してしまったために、特殊な作業で清掃する事です。夏はどうしても腐敗が早く、発見が遅れると大量に蛆虫が発生したり、においがきつくなったりします。

ご遺族の方はすごくお困りになると思いますが、殺虫剤やバルサンを炊くとそこで発生した虫を周りに逃がすことになり、ご近所の方に大変な迷惑になります。

私共で全て対応いたしますので、こういったケースはお伺いするまでそのままにしておいていただくのがベストです。