朝日新聞に遺品整理プログレスが紹介されました

全国より遺品整理に関するお問い合わせ・お申込みを誠にありがとうございます。
遺品整理に関連し、供養・特殊清掃・各種買取などお任せいただいている遺品整理プログレスです。

遺品整理サービスを皆様に真摯にお届けしてきた業績の甲斐あって、弊社遺品整理プログレスが朝日新聞から取材をお受けし、11月24日付で掲載されました。
遺品整理サービスを広く知って頂く機会を頂戴しまして、皆様のご愛顧に深く御礼申し上げます。

今回の取材では神奈川県横浜市青葉区の西原様に多くのご協力を頂きました。
誠に有難うございます。
asahi_newspaper.jpg

「遺品整理士 区切り手助け」と題された記事には西原様のお一人住まいされていたお父様のお宅の整理の様子が描かれています。
突然の事から1年余り。「片づけよう」と何度も部屋に整理に行くものの、遺品を手にすると寂しさもこみあげ、なかなか整理を進めることができずにおられました。
HPを通じ弊社遺品整理プログレスにご依頼頂いたのは一周忌をすぎた頃。
「両親が遺したものをゴミではなく遺品として大切に扱ってくれる業者に」と弊社をお選び頂いたとのことでした。

弊社からは営業主任の本田と他7人が遺品整理にお伺いしました。
残すもの、処分するもの、再利用するものに仕分け、分別も適切に行いました。(ご依頼主の希望があれば遺品の供養も致します)
生前見た事もなかったものがタンスや押入れの奥から次々と出てきて、全てどうされるか確認しながら整理を進めていきます。
ご両親のお互いに宛てた恋文等も見つかり、スタッフ一同故人の人生を偲ぶ思いです。
西原様がご実家に残されていたものもほとんどとってあり「改めて感謝の思いが湧いてきました」と。
「踏ん切りがつき、やっと前にすすめます。」とおっしゃっていただき、この遺品整理サービスのやり甲斐を強く思います。

マンションの管理人様から「助けてほしい」とご連絡があることも。
お一人暮らしの入居者が孤独死されているのが発見され、悪臭が出て近隣にも支障が出ているとのこと。
このような場合に備え、遺品整理プログレスでは「消臭・消毒・特殊清掃サービス」をご用意しています。
孤独死に関わる相談は年々増加の一途にあり、「子どもに迷惑をかけたくない」と生前に整理を考えておられる方も増えてきています。

「頼まれる方にいかに満足していただけるかが大切」と記事中で本田が申し上げていますが、これが遺品整理プログレスの基本理念であり、核ともいえると思います。
スタッフ全員がこの思いで今も全国各地で誠心誠意サービスを提供しています。